離婚で「男前」な益若つばさ 未練がましい元夫

業界コンフィデンシャル 松本佳子

芸能ライター・松本佳子AERA#男と女#離婚
 年のはじめに海外旅行に。ところがパスポートを忘れ、当然飛行機に乗り遅れた(泣)。みなさんも気をつけてくださいね(そんなマンガみたいなミス、誰もしないと思っていたら、なんと市民ランナーの星、川内優輝選手が同じミスをして、80万円の自腹を切るハメになったとか)。

 一昨年の末からずっと離婚が決定的と見られていながらも、否定し続けていたモデルの益若つばささん(27)と梅田直樹さん(30)がついに離婚した。2007年のクリスマス婚だったが、11年の秋から多忙によるすれ違いで別居。昨年から離婚協議に入っていた。

 益若さんというと化粧品や服飾関連の商品を数々プロデュースし、女子高校生らに大ヒット。中でも1260円のつけまつげがバカ売れしたことで“つばさ売れ”なる造語もできたほど(経済効果は100億円とか)。そんなカリスマ的人気を誇るモデルでプロデューサーだけに、イメージダウンはご法度。ということで、企業などとの契約などの問題があって離婚まで時間がかかってしまったようだ。

 ちなみに元亭主どのはモデルで役者だったが、芸能活動を辞めてしまうそうな(どんな仕事をしていたかオバチャンにはわからないが)。となると、離婚の裏に何があるのかいろいろと勘ぐられてしまう。元亭主どのはツイッターで「これ以上何もお話はできません。(中略)真実は全て墓場に持っていきます」「二度と結婚はしません」なんて思わせぶりにつぶやいたから、ちょっとした騒動に。

 困惑した益若さんはブログで「やましいことは何もない」としたものの、離婚理由をハッキリ明かさないことで、ますます疑惑を呼んでしまうんだな。長男(4)の親権は益若さんが持つそうだが、養育費はないどころか、財産分与として数千万円(2千万~3千万円とか)が益若さんから元亭主どのに支払われることで合意したという報道も(これが離婚問題が長期化した二つめの理由だろう)。益若さん、“男前”っすね。でもなんか寂しい。たくましくなりすぎたなでしこと未練がましいサムライ。これでいいのか!?

AERA 2013年1月28日号

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック