〈PR〉

杉原杏璃が“億り人”になれた理由。

文/安住拓哉 アートディレクション/鍋田哲平 ウェブデザイン/ヨネダ商店 撮影/加藤夏子(朝日新聞出版写真部)
制作/朝日新聞出版メディアプロデュース部ブランドスタジオ 企画/AERA dot. ADセクション

「投資のチャンスを逃さないため、ネット証券に口座開設だけはしておきましょう」と語るのは、タレントや実業家として活躍中の杉原杏璃さん。経済に詳しいわけではなかったという杉原さんが、株で“億り人”を達成できたワケとは?

杉原杏璃

はじめての株は東京ドーム

「はじめて買った株は東京ドーム(※)。株を買えば、ドームで広島カープの試合を無料で優待観戦できると勘違いして購入しました。残念ながら、私の買った株数では無料の株主証はもらえなかったんですけど(笑)」
 そう振り返る杉原さんが株をはじめたのは今から17年前、2005年のことだ。
「19歳のとき、芸能の仕事をしたくて貯金300万円とともに広島から上京しました。23歳の頃、その貯金額が100万円を切りそうになって『このままじゃ広島に戻らないといけない。お金に働いてもらおう』。それが投資のきっかけです」
 株式投資スタート直後の2008年秋にリーマン・ショック。日本株も大暴落に見舞われた。普通なら「株は怖い」と尻込みしてしまってもおかしくない。しかし杉原さんは「株価が究極の安値まで下がって、逆に投資するチャンスだと思いました」。
 ピンチはチャンス。そう思えるポジティブな性格とチャレンジ精神が、株で“億り人”を達成できた理由だろう。
 そんな杉原さんの資産形成に大貢献したのはゲーム株だ。
「2015年頃、スマホゲームが流行していました。私も日頃よく遊んでいたので、特にどの企業のゲームがおもしろいか、わかっていたんです。買ったのはガンホー・オンライン・エンターテイメント、コロプラ、ミクシィ、グリー。どの銘柄も大成功でした。私の財産を躍進させた4大銘柄です」

(※)東京ドームは2021年4月23日に上場廃止し、三井不動産の完全子会社となりました。

20代のうちにおうちを建てたい

 杉原さんは「芸能活動の報酬は日々の生活費に、株式投資で得た利益は夢の実現のために使う」と、お金を使う目的もきっちり分けていた。
「20代のときの夢は両親のために新しい家を建てることでした。実現できたので、とても喜んでくれました。30代ではじめたソフト補正下着の起業資金も、株の利益でまかないました」
 当時は毎月のように海外でのグラビア撮影があった。南の島のジャングルで撮っている間はWi-Fi環境なし。当然、気になる株の情報も見られない。
「でも空港を出発する前に、携帯で『この値段になったら売買する』という指値注文を入れて乗り切りました。忙しくても投資はできるんですね。ふだん時間がない方も、ネット証券の便利なサービスを駆使すれば大丈夫。ぜひ使ってみてほしい」
 株は怖い、難しいと思っている人は、どうすればいい?
「就職するとき『この会社が将来的に倒産したら怖い』と思って入社をやめる人って、まずいないですよね。どうしても怖いなら『自分が就職したい』と思っている会社の株を買ってみては? “社員になった気分”にもなれそうです」

100万円以下は現物株手数料タダ

 株式投資歴17年の杉原さんは投資目的別に、ネット証券4社の口座を持っている。
「こっちは優待株投資の口座、こっちはゲーム株専用、こっちは長期投資用、といった感じで複数のネット証券の“いいとこ取り”をしています。GMOクリック証券の一番の魅力は、手数料が安いことですよね。現物株取引の『1日定額プラン』なら、約定代金の合計が100万円まで無料なんです。タダですよタダ。うそみたい(笑)。このメリットを生かすため、気軽に短期間で売買する証券会社として使いたいネット証券です。スマホ機能も使いやすそう。銘柄情報の『おまかせ通知』サービスは多忙な人にぴったりですね」

投資情報は勝つために大事

 杉原さんは株主優待も大好きだ。優待銘柄を選ぶときは、もらえる優待品を金銭換算したときの株価に対する利回りが3%を超えているものに注目する。GMOクリック証券の優待株検索なら、優待利回りの高い順に銘柄を並べ替えられて便利。
 株式投資では企業の業績や財務もチェックする。GMOクリック証券なら過去10年分の豊富な財務情報が見られる。
「各企業の財務三表が色分けされたグラフが素敵ですよね。見るだけでポンポンと情報が目に飛び込んでくるのがいい!」
 と大絶賛。同業他社との比較機能、今後の業績予想から「理論株価」を計算するシミュレータ機能も充実している。

杉原杏璃

CFDで米国株おもしろそう

 杉原さんの今年の目標は米国株に挑戦すること。
「2022年前半の米国株は調整気味。安く買えるチャンスかな……と気になっています」
 GMOクリック証券では、米国の個別株や、人気のナスダック総合指数やS&P500といった株価指数を手軽に売買できる「CFD」(差金決済取引)も利用できる。通常、米国株を買うには円をドルに両替したり売買手数料を支払ったりしなければならない。その点、CFDは円建てで取引できて、しかも売買コストは買値と売値のスプレッド(値幅)だけ。
「最初はレバレッジ1倍の低リスクでトレードの練習をすることが大切だと思います。私は投資で人生の選択肢が広がりました。みなさんも口座開設をして“億り人”を目指しましょう」
 コストも安く、情報、金融商品の選択肢も充実しているGMOクリック証券なら挑戦できる。資産の“億乗せ”も夢ではない。

杉原杏璃

Profile

杉原杏璃

Anri Sugihara杉原 杏璃
杉原杏璃/1982年生まれ、広島県出身。タレントとして活躍する傍ら、株式投資でも成功し、“億り人”に。自身がプロデュースする補正下着ブランドもヒット。最新刊『マンガでよくわかる 株1年生 億り人 杉原杏璃と一緒に』(かんき出版)

Notes of Transaction

GMOクリック証券の口座開設は無料です。
口座開設にあたっては「契約締結前交付書面」で内容をご確認ください。

上場有価証券等のお取引にあたってのリスク
上場有価証券等の売買等にあたっては、株式相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等の変動や、投資信託、投資証券、預託証券、受益証券発行信託の受益証券等の裏付けとなっている株式、債券、投資信託、不動産、商品、カバードワラント等の価格や評価額の変動に伴い、上場有価証券等の価格が変動することによって損失が生ずるおそれがあります。また、発行企業の経営・財務状況の悪化により損失を被ることがあります。
上場有価証券等のお取引にあたっての手数料
現物取引の手数料は「1約定ごとプラン」または「1日定額プラン」の2つのプランから選択することができます。「1約定ごとプラン」の手数料(すべて税込)は、1注文の約定代金に応じて、5万円以下の場合50円、10万円以下の場合90円、20万円以下の場合100円、50万円以下の場合260円、100万円以下の場合460円、150万円以下の場合550円、3,000万円以下の場合880円、3,000万円を超える場合930円になります。「1日定額プラン」の手数料(すべて税込)は、1日の約定代金の合計に応じて、100万円以下の場合0円、200万円以下の場合1,238円、300万円以下の場合1,691円、300万円を超える場合は以降100万円ごとに295円を加算することになります。
なお、コールセンター取引を用いる場合はコールセンター手数料が適用されます。詳細につきましては、当社のホームページや契約締結前交付書面にて十分ご確認ください。
投資信託等のお取引にあたってのリスク
投資信託は株式相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等の変動や組み入れた株式、公社債、債券の評価額の変動、その発行体の信用状況の悪化に伴い、基準価額が変動するリスクがあります。また、投資信託の表示通貨が外貨建てである場合に基準価額を円換算するとき、または投資した証券等の通貨が投資信託の表示通貨と異なるときにおける為替リスクがあります。
投資信託は預金等とは異なり、元本保証および利回り保証のいずれもありません。なお、過去の運用実績は、将来の運用成果を約束するものではありません。 投資信託のお取引にあたっては、銘柄ごとに設定された購入又は換金手数料および運営管理費用(信託報酬等) の諸経費をご負担いただく場合があります。投資信託のリスクおよび手数料等につきましてはファンドごとに異なりますので、詳細は各ファンドの銘柄詳細や「目論見書」および「目論見書補完書面」等をご確認ください。
CFDのお取引にあたってのリスク、手数料等
CFD取引は、デリバティブの対象となる株式、株価指数、その他指数、金利、為替、商品現物、商品先物、上場投資信託の価格の変動によりCFD取引価格が変動しますので、お客様の予想と反対方向に変動することにより、損失が生じるリスクがあり、投資元本は保証されません。また、損失の額が証拠金の額を上回る可能性があります。証券CFD取引に必要な証拠金の最低額は、株価指数CFDは各建玉の対価の額の10%、その他指数CFDは各建玉の対価の額の20%、商品CFDは5%、株式CFDは20%、上場投資信託を参照原資産とするCFDは株価指数に連動するものは10%、その他のものは20%に相当する円価格です。取引価格には、売値と買値に価格差(スプレッド)があります。スプレッドは相場急変時等に拡げる場合がございます。取引手数料は無料です。手数料以外に金利調整額、権利調整額、価格調整額が発生する場合があります。相場の変動により、ロスカットレートから乖離して約定する場合があり、その結果、損失額が証拠金の額を上回る可能性があります。
その他
お取引の際は、当社ウェブサイトに掲載の「上場有価証券等書面」「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」を必ずお読みください。
※本記事は投資家への情報提供を目的としており、契約締結の代理、媒介、斡旋、売買推奨、投資勧誘等を行うものではありません。
GMOクリック証券

GMOクリック証券株式会社 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第77号 商品先物取引業者 銀行代理業者 関東財務局長(銀代)第330号 所属銀行:GMOあおぞらネット銀行株式会社 加入協会:日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、日本商品先物取引協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会

※当社に関する情報は、当社ウェブサイト及び日本商品先物取引協会のウェブサイトにもございます。