〈PR〉

新型コロナのリアル。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)による緊急事態宣言から約9カ月。
その全容はいまだ完全に解明されておらず、収束の兆しが見えない今、
私たちは明日に向かってどう備えるべきなのか。
未知のウイルスに関して「現実」を知るお二人の貴重なメッセージから、
希望の光が見えてきた。

取材・文/安住拓哉 撮影/小山幸佑 エディトリアルデザイン/鍋田哲平
ウェブデザイン/ヨネダ商店 企画・制作/AERA dot. ADセクション

COVID-19 Real Interview1

罹患し、完治した
人間のリアル

庄司智春さん
(品川庄司)

庄司智春

僕だって「ただの風邪」で終わってほしかった

 2020年8月、新型コロナウイルスに感染し、入院していたお笑いコンビ「品川庄司」の庄司智春さん。現在は仕事にも復帰し、日課の筋トレができるまでに「99%は回復した」(庄司さん)。しかし、コロナ罹患りかんはまるで「突然、映画の中に入ってしまったような衝撃の体験」だった。そんな庄司さんが語る新型コロナのリアルとは?

「胸に響くような、あやしいせきが少し出る」。それが最初の症状だった。妻の藤本美貴さんと話していても、だるい。日頃から筋肉を鍛え、基礎代謝が高いこともあり、庄司さんの平熱は36.8度前後。しかし体温を測ると37.5度だった。「その日から2階の自室にこもり、家族とは完全隔離の生活を始めました」。翌朝も倦怠感けんたいかんは続き、体温は38.4度まで上昇していた。

自宅に居ながら
家族と会えない

「数日前、京都で炎天下の中、冷たい川に潜って、オオサンショウウオを探す仕事をしたんです。最初は川で冷えたせいで風邪をひいたのかと思っていましたが、違いました。38度を超えた体温を見て、すぐ保健所に電話をして症状を伝え、PCR検査をすることに」

 自宅で待機している間は入浴もせず、着衣やゴミは妻が用意してくれた色付きのビニール袋に密閉。家族との連絡も、電話やメールのみ。

「それでも、やっぱり家族の顔が見たくなって。マスクにフェイスシールドで完全武装して、部屋の隅と隅で距離を置きながら話しました」

〝コロナになると大変そうだ〟ということはわかっている小学3年生の長男、あまり深刻に受け止めきれない5歳の長女、まだ何もわからない0歳の次女。少しだけでも顔を合わせられたのが何よりの救いだった。

 PCR検査の翌日に「陽性」という連絡を受けた当初は「〝ついに来たな~!? 相手してやる!〟というような、変なアドレナリンが一瞬だけ出ました」と庄司さん。

 でも、そんな気合や意気込みは症状悪化ですぐにへし折られ、打ちのめされてしまった。

症状よりも
心理面がつらい

「症状もつらかったですが、どちらかというとメンタルのほうをやられたと思います。仕事仲間に迷惑をかけている心苦しさ。生活が一変してしまった家族にもごめんなさい。コロナ罹患を公表したとき、その前に僕と接触した人に『私、大丈夫かな』と思わせちゃったよな、不安にさせて申し訳ない……。考えるほどにつらくなりました」

 確かに〝うつす、うつされる〟ということにこれほど神経質になる病気はないだろう。コロナの症状自体は5日で収まったものの、その後も血中酸素濃度の低下や血栓ができやすい状況が見られ、安心はできなかった。

 ようやく2週間後にPCR検査で2度目の陰性となり、晴れて退院した庄司さんだが、体力面でもメンタル面でも「へこむ時期」は続いた。

フコク生命 医療保険 医療大臣プレミアエイト 感染症サポートプラスが新登場!
コロナ後遺症と
予防への想い

庄司智春

「退院後も肺の痛みでうずくまってしまうことがあったので、再度、CTスキャンをとりました。強い咳をしたことで肺に炎症が出ていたようです。痛みは長引きました」

 回復後しばらくは、これまでならすぐに「やります!」と前のめりになる仕事も「今はテンションをマックスまで上げられないので、受けたら迷惑をかけるかもしれない」と泣く泣く断る局面があった。妻の藤本美貴さんも陰性ではあったが濃厚接触者になったことで2週間、仕事ができなくなり、頭を下げた。

「金銭面でも不安はありましたが、加入していた入院保険の保険金が下りたので、ちょっぴりですが安心できました。それよりもやはり気持ちの面が……。退院後もさまざまなことを考えました。コンビニで買い物をしているときなどに視線を感じると、『俺のこと、コロナになった人だ~とか思っているのかな』と気にしたり。考えても仕方ないんですけどね」

 マスクや手洗いをしていたのに罹患した場合、その人を責めることはできないのだが、やはり自分がなってみると自責の念にとらわれてしまう。

 退院後にはネットやSNSを通じて「ただの風邪でしょ」などの心ないコメントも届いた。

「僕だって『ただの風邪』で終わってほしかった。でもコロナは絶対に『ただの風邪』じゃありません。PCR検査の結果を待っている間も、治療中も、退院した後も、体とともに心まで元気がなくなります。自分のことだけど、自分のことだけじゃない病気。それが僕にとってのコロナです」

 というリアルな言葉が印象的だった。

コロナは体と心の両方がつらい。
ならない備え、なった時の備えを。

庄司智春

Tomoharu Shoji 1976年1月1日生まれの45歳、東京都大田区出身。1995年に漫才コンビ「品川庄司」を結成。タレントで歌手の藤本美貴さん、長男、長女、次女の5人家族。
フコク生命 医療大臣プレミアエイト 新型コロナウイルス等の所定の感染症に手厚いサポート「感染症サポートプラス」で不安を安心に変える! Road to 100th フコク生命

次ページ

COVID-19 Real Interview 2
医療現場で診療する
人間のリアル

提供/富国生命保険相互会社