〈PR〉

自分にぴったりの大学が必ず見つかる!就職力で選ぶ大学2021

大学力 未来に挑戦 北見工業大学

教員が1学年あたり5人前後を支える「個別担任制」を採用。雄大な自然から学ぶ北見工業大学は手厚い体制を整えている。2022年度からは小樽商科大学と帯広畜産大学と三大学連携を実施。地域に根ざし、他分野との知の融合を図る大学で、社会イノベーションが生まれる。

学長 鈴木 聡一郎
すずき・そういちろう/1984年、北海道大工学部金属工学科卒業、1999年、東北大大学院情報科学研究科博士後期課程修了。2018年4月から現職。工学博士。専門はロボット工学とスポーツ工学。

自身が、専門分野の知識の限界を痛感

 私は以前、スポーツ用品メーカーのアシックスに勤めていました。素材の専門家として製品の研究開発に携わっていましたが、専門的な知識の限界を痛感しました。一流アスリートの力を最大限に発揮するには、力学的な衝突現象や身体運動、工業デザインなど多様な視点が重要で、私はさまざまな「知りたい!」を追求しました。
 工学部の単科大学である北見工業大学も幅広い知識の習得を重視しています。専門分野に限定すると将来的に柔軟な対応がしにくくなるためで、本学では1年次は全学生が共通科目を通して工学の基礎力を身につけます。「AI(人工知能)」やエネルギー、あるいは先端材料の知見は工学のどの分野でも役立ちます。幅広い知識こそしなやかな発想につながり、社会を豊かにする技術や開発力を生み出すはずです。予測が難しい未来においては、知の引き出しが多いほうが活躍の幅が広がるでしょう。

専門性を深める四つの研究センター

 2年次から地球環境工学科はエネルギー総合工学、環境防災工学、先端材料物質工学、地域マネジメント工学から1コース、地域未来デザイン工学科は機械知能・生体工学、情報デザイン・コミュニケーション工学、社会インフラ工学、バイオ食品工学、地域マネジメント工学から1コースを選択します。各専門性を深める役割を担うのが四つの研究センターです。エネルギー資源として有力視されるメタンハイドレートを主な研究対象とする「環境・エネルギー研究推進センター」。スキーやカーリングの競技力向上と地域でのスポーツ定着をめざす「冬季スポーツ科学研究推進センター」。バイオ食品技術、自動化・ロボット化技術などをオホーツク地域の農業・林業や漁業といった第一次産業に展開する「オホーツク農林水産工学連携研究推進センター」。積雪寒冷地域における防災力向上を追求する「地域と歩む防災研究センター」。オホーツク地域に根ざした研究センターが知識の深掘りを後押しします。
 四つの研究センターが示すとおり、本学は「自然と調和するテクノロジーの発展」に学びの焦点を置いています。言い換えれば「地域貢献」を見据えており、その〝社会実装力〟の素地は一定の評価を得ています。「本学から毎年一人は採用したい」とおっしゃってくださる企業もありますし、学内で開催する合同企業研究会には約280社ほどの企業が集まり、その場で採用の話が進む例も少なくありません。
 2022年4月、本学は新たな局面を迎えます。小樽商科大学と帯広畜産大学と経営統合し、三大学連携を強化します。工学の知識を商学と農学と掛け合わせ、未来を拓くイノベーションを起こす過程が楽しくないはずがありません。

Hot Topics

北海道のスポーツを支える「冬季スポーツ科学研究推進センター」

 キャンパスのある北見市は「カーリングの街」として知られる。2018年の平昌五輪で銅メダルを獲得した女子カーリングチーム「ロコ・ソラーレ」も同市を拠点に活動している。
 カーリングを含む北海道ならではのスポーツの発展を支えるのが「冬季スポーツ科学研究推進センター」だ。カーリングならブラシで氷を擦る「スイーピング」やストーンを投げる「ショット」の研究、スキーなら世界でも貴重な「Sky Tech Sport Ski Snow board Simulator 」という設備を用い、工学的手法からタイムを短縮するスキーブーツの開発を進めている。さらに力学的に選手の動きも解析し、技術の向上を図る。
 2020年秋には大学のすぐそばに北見市の施設であるカーリングホールがオープンする。その一角に実験設備を整え、カーリングの研究や競技力向上にさらに力を入れていく。

Campus Data

北見工業大学
所在地 〒090-8507 北海道北見市公園町165番地
TEL 0157-26-9111
URL https://www.kitami-it.ac.jp
〈PR〉

大学のトップが語る いま必要な力と学びとは? 学長インタビュー 仙台白百合女子大学

利己主義が広がる今こそキリストの愛と全人教育を広げたい

矢口 洋生 学長
やぐち・よぶ/1984年北星学園大学文学部卒業、1986年米国ゴーシェン・ビブリカルセミナリー修士課程修了。米国フィンリー大学教員、英国オックスフォード大学客員研究員、仙台白百合短期大学教授などを経て、2008年仙台白百合女子大学教授。2017年から現職。

 新型コロナウイルス感染症の対策として、本学でも5月中旬からオンライン授業を開始しました。教員すべてがITに慣れているわけではないので、苦労しました。まるで巨大な実験に参加しているような感覚になりましたね。
 現在も安心できない状況が続いていますが、いずれはワクチンが開発され、このパンデミックも終息に向かうはずです。新約聖書に「現在の苦しみは、将来わたしたちに現されるはずの栄光と比べると、取るに足りない」という聖パウロの言葉が残されています。学生の皆さんには、苦しみが苦しみで終わることはないと信じて、希望をもって大学生活を送ってほしいと願っています。

教養と実践をバランスよく配置したカリキュラム

 仙台白百合女子大学の設立母体は、フランス発祥のカトリック修道会であるシャルトル聖パウロ修道女会です。

この修道女会はほかの教会が援助できなかった子供の教育や病人の介護を引き受ける活動をしていました。この精神と伝統を本学でも継承して、「キリストの愛に基づく全人教育による女性人材の育成」を目指しています。
 残念なことに、最近は個人の要求が満たされることを第一とする風潮が広がっていると感じられますが、だからこそ、人と人とがかかわりあう中で、よりよいものが生まれ、人間的に成長できることを学生には教えたいですね。  本学は1学部4学科の体制をとっていますが、4学科中3学科が特定の職業を意識したカリキュラムになっています。人間発達学科は小学校教員や幼稚園教員、保育士など、心理福祉学科は社会福祉士や認定心理士など、健康栄養学科は管理栄養士を目標としています。このためカリキュラムは実践的な科目が多いのですが、中心教養科目も充実させており、両者をバランスよく配置しています。
 また、本学は国内外の大学と連携して単位互換も行っています。仙台市を中心にした宮城県に所在する大学や研究機関で構成する「学都仙台コンソーシアム」に加盟しており、総合大学のキャンパスで学ぶこともできます。また、海外の16の協定大学にも留学できます。今後は遠隔授業も実施されるでしょう。
 学生の皆さんには学びの機会が増えるだけでなく、新たな出会いもあるはずです。仙台白百合女子大学を拠点に、その可能性を高めてほしいと思います。

問い合わせ先:仙台白百合女子大学 https://sendai-shirayuri.ac.jp

〈PR〉

大学インフォメーション 創立時の建学の精神と教育理念が生きる名門女子大学 仙台白百合女子大学

地元企業や他大学と連携しながら充実した学習環境と就活支援を実現

学長 矢口洋生
1984年北星学園大学文学部卒業、1986年米国ゴーシェン・ビブリカルセミナリー修士課程修了。米国フィンリー大学教員、英国オックスフォード大学客員研究員、仙台白百合短期大学教授などを経て、2008年仙台白百合女子大学教授。2017年から現職。
杜の都・仙台市を一望できる小高い丘の上にキャンパスを置く本校は、1学年300人弱の小規模な女子大学です。人間学部内に4つの学科が設置され、学生はそれぞれの専門を深めるとともに教養科目を履修。さらに他大学とのネットワークも構築しており、学生それぞれが知的好奇心に応じた科目履修できる環境が整っています。
 キャリア教育は、1年次の必修科目「キャリアデザインⅠ」からスタート。自己理解と社会とのかかわりを考察して、入学前に抱いていた自らの夢や目標を明確化していきます。2年次の「キャリアデザインⅡ」ではビジネス現場・ビジネス活動に関する理解を深め、ワーカーとして活躍するための基本を修得します。そして3年次の「キャリアデザインⅢ」は夏季休暇期間に実施するインターンシップを中心に、その事前・事後研修を行います。
 資格に直結した科目も豊富に開講され、その試験対策にも力を入れています。たとえば、管理栄養士を目指す健康栄養学科では授業で試験問題に取り組むほか、学生の自主的な勉強会も活発です。保育士、幼稚園教諭、小学校教諭の資格を目指す人間発達学科では、2018年度から「教員採用試験対策講座」を開始。元仙台市教育長が筆記試験や面接対策を指導します。

就職率は99%超。地元企業が7割

 キャリアセンターによる就職支援としては、3年次の11月に「就職に関する保護者懇談会」を実施。その後1月に「進路希望調査」を実施して、学生個別の進路希望を把握します。これをもとに専任スタッフやキャリアカウンセラーによる相談や、各種ガイダンスを開催。今年は採用面接をオンラインで行う企業が増えたため、これに対応したオンライン模擬面接も行いました。
 2020年3月卒業生の就職率は99・1%(就職希望者ベース)と好成績でした。加えて、宮城県内への就職が例年7割を占めることも特長となっております。今後も、地元企業からご協力いただきながら、学生の希望を実現していきたいと思います。
 また、大学院の進学希望者もフォローしています。心理福祉学科を卒業して臨床心理士や公認心理師を目指す場合は、姉妹校の白百合女子大学大学院に進学できます。人間発達学科を卒業して教員免許を取得した後に、さらに高度な専門知識を修得したいという場合は、宮城教育大学大学院への進学が可能となっています。
 このように学生一人ひとりが希望する進路が実現できるように、教職員が連携して手厚くサポートしています。

MESSAGE

航空業界志望者へエアライン講座を実施

 グローバル・スタディーズ学科で希望者が多い航空業界への就職支援として、「ANAエアラインスクール学内講座」を2015年から開催しています。 ANA現役キャビンアテンダントとグランドスタッフによる学内講座と、福島空港での実務体験となっており、約10名が参加。講座修了者がANAの採用試験に合格するケースも少なくありません。
 ほかの企業も含めて、内定を獲得した4年生には、卒業直前の2月に「社会人基礎セミナー」を実施。労働法を勉強したり、職場でのメンタルヘルスなど、社会人になる前に押さえておきたい知識を学ぶ機会を設けています。  また、卒業後も気軽に相談できる窓口を開設するなど、在校生だけでなく、OGへのキャリア支援も行っています。

Campus Data

仙台白百合女子大学
所在地 宮城県仙台市泉区本田町6-1
TEL 022-374-5014(入試広報課)
URL https://sendai-shirayuri.ac.jp/
〈PR〉

大学のトップが語る いま必要な力と学びとは? 学長インタビュー 白鷗大学

利己主義が広がる今こそキリストの愛と全人教育を広げたい

奥島 孝康 学長
おくしま・たかやす/1963年早稲田大学第一法学部卒業、69年同大学大学院法学研究科単位取得退学。法学博士(早稲田大学)。早稲田大学第14代総長(94〜2002年)、日本高等学校野球連盟会長などを歴任。ボーイスカウト日本連盟理事長も務めた。13年から現職。専門は会社法で、著書も多数。
 私が白鷗大学学長に就任して8年目になりますが、この間に本学は大きく飛躍したと実感しています。就職環境は売り手市場が続いており、本学の就職率も極めて高いのですが、特に有力企業から内定を獲得する学生が顕著に増えてきました。こうした実績から、入学志願者も年々増加。従来よりもレベルの高い学生が集まるようになり、教育の質も向上するという好循環が生まれています。
 カリキュラムでは、リベラルアーツ教育に力を入れており、今後も継続していきたいと考えています。
 リベラルアーツの起源は古代ローマに遡り、論理学、算術、幾何、天文学などの「自由七科」を対象としていました。
 現代のリベラルアーツは、「自由な心や批判的知性の育成、また自己覚醒を目的にした大学の教養教育の課程」とされていますが、私自身は多岐にわたる教養をバランスよく修得することによって、大局観と行動力を身につけさせる学問と考えています。
 欧米では大学4年間はリベラルアーツを学び、次のステップとなる大学院で専門性を深めます。本学も基本的にこれと同様に大学4年間で教養を修得して、大学院に進んでほしいと思います。ですが、リベラルアーツを学ぶことによって獲得した知識や能力は、社会人になり、企業や官庁などに就職しても役立つことは間違いありません。

PLUS ULTRA(プルス ウルトラ)が建学の精神

 本学の建学の精神を象徴するスローガン「PLUS ULTRA」は、ラテン語で「さらに向こうへ」を意味します。学問は常に先を目指していくものですから、これほど大学に相応しい文言はないでしょう。もちろん学生の皆さんにも人生を自ら切り拓いていくという主体性を忘れないように、この言葉を刻んで欲しいと願っています。
 また、本学では野球やバスケットボールなど、課外活動が大変にさかんです。「涙は人を優しくする、汗は人を強くする」という言葉がありますが、部活動を通して、精神力を磨いたり、集中力を養うなど、人として強くなれる。ですから、この伝統は今後も大切にしていきたいと思います。そして、学びの環境が優れていることも本学の特徴です。2018年4月に本キャンパスを移転しました。東京駅から在来線でわずか80分で通学可能です。勉強にも就活にも大変に便利なキャンパス内は施設も充実しています。ぜひこの環境の中で、それぞれの学びを深め、目標を実現させる舞台として、本学を最大限に有効活用してほしいですね。

問い合わせ先:白鷗大学 https://hakuoh.jp

〈PR〉

大学インフォメーション 就職に強い大学最新事情2021 白鷗大学

体系的なキャリア教育によって質の高い就職が実現

公務員や教員採用試験も好調

 白鷗大学は栃木県小山市にキャンパスを置く文系の伝統校であり、経営学部、法学部、教育学部の3学部を擁している。学生の3割が利用しているという「学業特待制度」(TOPICS参照)や、「朝食無料サービス」などを通して学生を手厚く支援しており、就職支援を含めた面倒見の良さが際立った特徴だ。
 2020年3月卒業生の就職率は98・4%(就職者数1007人/就職希望者1023人)と、全国平均を上回り、高い実績を残した。
 一般企業への就職だけでなく、公務員や教員志願者へのサポートにも力を入れている。公務員に対しては、専門予備校の講師を招いて対策講座を実施。一昨年に新設された本キャンパス4階に専用の自習室など、環境も整えている。
 教員志願者には「教職支援室」を用意。元校長などによるアドバイザーが採用試験の相談・指導にあたっている。これと並行して教育学部では2年次から現場を体験する「スクールサポート」を導入。19年度は小・中学校合わせて49校に、465人を派遣。担任教員の指導のもとで、児童・生徒の学習活動や部活動などを手伝い、教職へのモチベーションを高めたり、自分の適性を知る機会になった。
 こうした取り組みの結果、19年度の公務員採用試験では法学部を中心に82人が合格。なかでも警察官の採用・就職も多く地元栃木県警の採用試験合格者が増加。全体としては23人が警察官に就職した。(詳細は図表を参照)。
 公立の小学校・中学校・高等学校の教員採用試験は過去最高の254人が合格。このうち小学校教員採用試験の合格者は214人。そのうち現役合格率は66%(合格者99人/受験者150人)と全国から注目される実績を上げている。

キャリアサポートセンターと教員が密に連携

 同大学の正課のキャリア教育科目である「キャリアデザインⅠ」では就活の前提知識としてビジネス社会の概況や、求められる人材像などを考察。その「Ⅱ」では自己理解を深めて、「Ⅲ」は就活のノウハウを伝授、そして「Ⅳ」では模擬面接やグループディスカッションなどの演習を繰り返すという。
 キャリアサポートセンターでも、この授業に対応したガイダンスを適宜開催しているほか、キャリアカウンセラーによる面接も実施。様々な企業の元人事担当者による厳しい質疑応答も行われるという。こうしたキャリア教育科目とキャリアサポートセンターとの連携が相乗効果となって、高い就職率が実現している。
 この「キャリアデザインⅠ〜Ⅳ」のほかに、「インターンシップ」や「ビジネスマナー」も正規科目として開講されており、これらの授業を履修して十分なトレーニングを積んだ学生は、自信を持って就活に挑戦。比較的早期に複数の内定を獲得することが多い。しかも、上場企業や地元・栃木県の有力企業など、競争倍率の高い企業が多い。就活に前向きに取り組む学生が刺激となり、他の学生にもよい影響を与えているのだ。

担当者からの声

 新型コロナウイルス感染症の影響から、今年はオンライン面接が主流になりました。このため、本学でも急遽ウェブで模擬面接を実施。初期には「画面のどこを見て話せばいいかわからない」などと戸惑う声もありましたが、すぐにコツを掴んだ学生が多かったですね。
 また、公務員志望者用の自習室を設けたり、今年4月には適性検査(SPI)を練習できるPCをキャリアサポートセンター内に7台設置しました。こうした学生目線に立った就活サポートを、今後も徹底していきたいと考えています。

Campus Data

白鷗大学
所在地 〒323-8586 栃木県小山市駅東通り2-2-2
TEL 0285-22-1111
URL https://hakuoh.jp
【 経営学部 】経営学科
【 法学部 】 法律学科
【 教育学部 】児童教育専攻・スポーツ健康専攻・英語教育専攻・心理学専攻
〈PR〉

大学力 未来に挑戦 埼玉大学 工学部

埼玉大学工学部は5つの学科で構成されている。いずれの学科でも新たな価値を生み出すべく実践型の講義を展開。「イノベーション人材育成プログラム」では学科横断型の学びを通して工学の知識と一般教養を幅広く身につけ、社会で活躍するための素地を作っていく。

工学部長 水野 毅
みずの・たけし/1980年、東京大学大学院工学系研究科修了。スイス連邦工科大学客員研究員や埼玉大学工学部教授などを経て、2020年4月から現職。専門は制御工学とメカトロニクス。

課題解決を促進する施設も充実

 機械工学・システムデザイン学科、電気電子物理工学科、情報工学科、応用化学科、環境社会デザイン学科。5つのどの学科であろうと、日々の学びを形にしてほしいと私たちは考えています。
 そうした希望を象徴するのが「学生フォーミュラ日本大会」でしょう。学生を対象とした自動車の製作技術を競う場で、近年、本学部のチームは好成績を収め続けています。学科の垣根を超え意見を交わし、各々の知識を有機的に結びつけてアイデアを組み上げていく工程は企業活動と同じです。キャリア形成に役立ちます。
 産学官連携の一例としては埼玉県「先端産業創造プロジェクト」への参加が挙げられます。埼玉県が研究や製品開発、事業化を支援する取り組みで、本学部の教員発信のものでは、心臓を手術する際に一時的に使う人工心肺の遠心血液ポンプ回転部の完全非接触支持を目指した「完全無制御運転を可能とする交流磁気浮上式遠心血液ポンプの開発」、運動能力やリハビリ効果をロボットを通じて「見える化」する「生活支援ロボット研究開発プロジェクト」など、複数の研究活動が採択されてきました。
 講義での理解に加え、企業との共同研究や地域と連携した課題解決を促進する施設も整っています。高性能分析機器を備えた「科学分析支援センター」や、機械工作用の機器が揃う「実習工場」、自然災害時に対する防災や対応、復旧などを学修できる「レジリエント社会研究センター」は技術や知見だけでなく、社会に必要な未来を見通す力も養います。

公務員として公共事業に携わる進路も

 例年、約6割の卒業生が大学院に進学し、約4割が就職します。進路は企業だけに限らず、情報工学科や応用化学科、環境社会デザイン学科から公務員になった先輩もいます。道路や上下水道を含む社会基盤や都市計画などを学ぶ環境社会デザイン学科を出て、自治体でまちづくりを含む公共事業行政に携わる選択肢もあります。
 産学官連携の実践も手伝い、本学部の卒業生は各企業から一定の評価をいただいております。科学技術の基礎習得を徹底しながら、学科ごとに最先端の情報にふれて専門性を強める体制が実を結んでいるという実感があります。新しい価値を生み出す点では「イノベーション人材育成プログラム」も特徴と言っていいでしょう。学科横断型で工学の知識と一般教養を幅広く身につけることで、科学的課題を見つけ、新たな解決策を見いだす視点が育まれていきます。
 社会インフラを支える工学は世界に不可欠な要素です。本学部での学びが未来志向の柔軟な発想を涵養し、やがて就業した際におしなべて望まれる能力となるはずです。

Hot Topics

機械工学に進んだ動機について 理工学研究科機械科学系専攻M1工学部機械工学科卒 木之下 美佐紀さん

 私が機械工学科(現在は機械工学・システムデザイン学科)を選んだ理由は、ものづくりの醍醐味である職人の技術、匠の技に興味を持っていたからです。機械工学科に進学することで、ものづくりの原点となる知識を多く学ぶことができると考えました。
 埼玉大学機械工学・システムデザイン学科では、3年次に課題探索型セミナーⅠ(当時は機械工学セミナー)という講義が開講されます。これは体験型の講義となっており、各研究室の分野に特化した実験を行うことができます。私自身もこの講義を通して微細加工という分野を知り、ものづくりへの興味が進展しました。埼玉大学では、座学だけでなく実際に自身の手を使う講義があるため、機械工学の面白さを実感できると思います。
 4年次では、加工の高効率化に着目し研究を行いましたが、目標を達成する難しさを痛感しました。しかし、個々の研究成果や技術の蓄積が機械工学なのだと考えると、改めて幅広く、面白い学問であるのだと感じました。大学院にて、将来に向けものづくりに対する力を高めていきたいです。

Campus Data

埼玉大学 工学部
所在地 〒338-8570 さいたま市桜区下大久保255
TEL 048-858-3429
URL http://www.saitama-u.ac.jp/engineering/
〈PR〉

大学のトップが語る いま必要な力と学びとは? 学長インタビュー 実践女子大学

社会を変革し未来を切り開いていく女性の育成

城島 栄一郎 学長
じょうじま・えいいちろう/1972年東京工業大学工学部卒業。1979年東京工業大学大学院 博士課程単位取得退学。同年工学博士。1979年より実践女子大学家政学部専任講師。1993年より実践女子大学生活科学部教授。学科主任、情報センター長、生涯学習センター長、生活科学部長を歴任。2017年より学長。

 学祖下田歌子は「女性が社会を変える、世界を変える」という強い信念のもと「品格高雅にして、自立自営しうる女性の育成」を目指して本学を設立し、昨年創立120周年を迎えました。この建学の精神と教育理念を継承し更に発展させるために、「社会を変革し未来を切り開いていく女性の育成を目指す」という学長方針を出し、教育と学生支援体制の充実を図るために、入学前から卒業後まで一人ひとりの個性を大切にした個別支援体制J–TAS(ジェイタス)をスタートしました。

AIに代替えできない能力 論理的思考を育むための教育を充実

 日本は、少子高齢化に伴い少しづつ地盤沈下をしていますが、課題を乗り越え明るい未来を切り開くためには、女性の新たな視点と切り口が必要です。そのためには女性が社会を変える気概を持つことが必要です。
 また、世の中で必要とされる能力は変わってきており、自分で社会の問題点を見つけ目標を設定し、価値判断ができる、想像力がある、対人コミュニケーション力があるなど、AIで代替えできない能力を育成することが求められています。そこで、教育面では、従来からの知識伝達型の教育に加え、論理的思考の基礎となる、基礎学力の向上と広範囲な分野での教養及び数理的思考力を養う教育を充実していきます。
 グローバル化への対応としては、外国語教育の充実はもちろんですが、日本文化や歴史の理解を深めていくことが大切です。本学は、学祖が源氏物語の研究者であったことから、文部科学省平成30年度私立大学研究ブランディング事業として、「源氏物語研究の学際的・国際的拠点形成」が採択されました。

オンラインと対面授業を組み合わせた未来型教育システムを構築

 私のこれまでの経験から、「世の中で力を発揮していくためには、広く深い知識をベースにして、課題を自分の頭で組み立て判断していくことが必要であり、そのために『チャレンジ』と『トライ&エラー』が大切」と学生や教職員に伝えています。
 今般の新型コロナウイルス感染症の拡大により、新学期はオンライン授業で始まりましたが、教職員一丸となって取り組んだ結果、現在実験などを除き85%がオンデマンドやリアルタイムの授業をオンラインで実施できています。今回の経験で培われたノウハウを活用し、ICT、AI化が進む現代社会にふさわしい未来型の教育システムを構築し、教育の質のワンランクアップを目指したいと思っています。

問い合わせ先:実践女子大学 https://www.jissen.ac.jp/

〈PR〉

大学インフォメーション 生涯にわたる女性のキャリア形成と就職をサポート 実践女子大学

様々な実践経験の場と成長を実感するシステムで、社会で輝く女性を育成

学長 城島栄一郎
東京工業大学工学部卒業。同大学大学院博士課程単位取得退学。工学博士。1979年より実践女子大学専任講師、2017年より学長。

 本学では、建学以来一貫して「実践力」の育成に邁進してきました。そして、変化が加速する社会を生き抜くために、ディプロマ・ポリシーで2つの態度(国際的視野・美の探究)と3つの能力(協働力・行動力・研鑽力)を保証し、学生がこれらをバランス良く身につけられるように、科目ごとにどの能力を伸ばせるかが分かるカリキュラムマトリクスを設定しました。また、卒業後のキャリアを一年次から長期的に考えられるように、全学年共通のキャリア教育科目群を設定。一人ひとりの適性を探りながら進路について共に考えるキャリアサポートや、社会に触れる多様な経験の機会を設けて、学生が一歩前に踏み出す力を伸ばします。

「自信」と「成長実感」を高める個別支援体制「J-TAS」を導入

 本学で学ぶ全ての学生が、確かな自信を持って未来を切り拓く力を身につけられるように、学生支援改革にも取り組みました。それが、全学的な個別支援体制J-TASです。入学前から卒業後まで、一人ひとりの活動歴を集約し情報化して管理するシステムを構築。さらに教務の一部・入試・学生生活・キャリアセンターを統合した学生総合支援センターを設置して、学生のことをよく知る職員が、在学中の学びから就職支援に至るまで一貫してサポートできる体制を整えました。また、成長を促すために企業や地域と連携し、フィールドワークやグループワークを通して、課題解決力を育てる機会を数多く設け、社会で活躍するための基礎を養っています。
 例えば、日本相撲協会とのコラボ企画では、相撲協会と包括的連携協定を締結し、親方衆と共に公式グッズを開発。国技館で販売して新たな相撲ファン作りに貢献しています。

定期的に成長を確かめる機会を設けて、アクティブ総量を最大化

 こうした実践を確実に成長につなげていくには、振り返りとフィードバックが欠かせません。そこで、自分の成長を客観的に確認するために、学修ルーブリックというツールで半期ごとに学修成果を振りかえりポートフォリオに反映。また、強みや弱みを客観的に把握するために、成長診断テストを定期的に受けて自分の今を確認します。教職員は、それらのデータを確認しながら定期的にフィードバックをしています。こうした取り組みが評価され、「価値ある大学2021年版 就職力ランキング 小規模大学版ランキング」(日経HR)において全国女子大学で1位(全国総合では4位)にランクインしました。

MESSAGE

低学年向けのチャレンジプログラムと個別支援プログラム始動

 低学年向け就職支援を強化すべく、2019年度は、協定を締結している渋谷区内の企業と連携して「Jミッション」を開催しました。企業からの課題について学生だけで構成されたチームで約1ヶ月間ディスカッションを行い、最終的に企業担当者の前で発表を行うという課題解決型の取り組みです。また、学生の意欲を喚起し、さらなるチャレンジを後押しするプログラムも始動しました。
 その一つが、大手企業を志向する学生を対象とした「チャレンジプログラム」です。また、未来志向の意欲ある学生を育てるために、 J-TASと連動した 個別支援プログラム「JISSEN ME」も開始するなど、「実践を実践」するステージが整いつつあります。今後は、学内データベースの情報を分析し、学生の成長モデルを構築することで、教育やキャリア支援に還元していきます。

Campus Data

実践女子大学
所在地 東京都日野市大坂上4-1-1
TEL 042-585-8804(広報課)
URL https://www.jissen.ac.jp/
〈PR〉

大学のトップが語る いま必要な力と学びとは? 学長インタビュー 日本女子大学

来春の目白キャンパス統合で、社会を拓く女子総合大学へさらなる飛躍を

篠原 聡子 学長
しのはら・さとこ/日本女子大学家政学部住居学科卒。同大大学院修士課程修了。建築家として空間研究所主宰。1997年より日本女子大学住居学科専任講師に就任し、2010年より教授。研究分野は都市計画・建築計画。2020年6月より現職。

時代をリードする女性を涵養

 日本女子大学は1901年の建学以来、時代に先駆け女子高等教育の道を切り拓いてきました。創立者・成瀬仁蔵が晩年に掲げた教育の三綱領「信念徹底」「自発創生」「共同奉仕」。自立した一個の人間として人格を磨き、周囲と手を携え社会的使命を果たす――。現代を生きる女性にとっても、決して変わらぬ道標でしょう。
 来春は創立120周年を迎え、4学部を目白にキャンパスに統合。グローバル社会の多様な価値観に対応する総合大学として、益々の機能充実を図ります。
 私が教育現場でもっとも大切にしているのは、アカデミズムに閉じこもることなく、広く実社会に根を下ろした学びを深めること。〝手で考え、足で見る〟フィールドワークですね。
 私は本学家政学部の住居学科と大学院住居学専攻を修め、設計事務所を開設。39歳で本学の教壇に立ってからも、ずっと〝二足のわらじ〟を履いてきました。住宅も公共建築も、人々の暮らしを包み、社会へとつなぐ器です。機能だけでなく美しさ、安らぎ、共生などを心に訴えかける存在でなければなりません。設計=創作という私の原点が、建築学の研究や論文、さらに学生への指導を実りあるものにしてきたと確信しております。

社会に開かれた学びで人々の暮らしに貢献

 その観点から、本学では産学連携の試みが盛んです。たとえばアパレルメーカーと協賛した、高齢者のデリケートな皮膚に負担をかけない立体シームレス下着の開発。その発展形として宇宙飛行士の肌着プロジェクトもありました。住居学のジャンルでは公団住宅室内リノベーションのデザイン応募。古く使い勝手の悪くなった間取りを刷新する企画で、本学の入賞者のプランは実際に採用されています。
 本学の学生の魅力は、このように外に開かれたコミュニケーション力だと考えます。人の話に虚心坦懐に耳を傾け、経験値を高め、目標を定めたら周りと信頼関係を築き共に実践する、職場でも社会活動でも着実に成果を上げる人材が豊富です。
 政界・経済界の実態はまだまだ男性優位。しかし女性は瞬発力よりは持久力に優れています。限りある地球環境で持続可能な社会を維持・発展させるには、女性ならではの長期的視座と柔軟な感性が必須です。特にポストコロナの時代は、身近な生活を見直し、より豊かなものへと転換させる知恵が求められるでしょう。本学の学生・OGがその本領を発揮してくれることを期待してやみません。

問い合わせ先:日本女子大学 https://unv.jwu.ac.jp/unv/

〈PR〉

大学インフォメーション 創立時の建学の精神と教育理念が生きる名門女子大学 日本女子大学

女性が生涯を通して自分らしく生きるためのキャリアプランを応援する

学長 篠原 聡子
日本女子大学家政学部住居学科卒。同大大学院修士課程修了。建築家として空間研究所主宰。1997年より日本女子大学住居学科専任講師に就任し、2010年より教授。研究分野は都市計画・建築計画。2020年6月より現職。
  「女子を先ず人として教育する」
 創立者・成瀬仁蔵が日本で初めて総合的な女子高等教育の礎を築いて、来春は120周年を迎えます。目白キャンパスに家政学部、文学部、人間社会学部、理学部の統合を予定しており、新旧の校舎は緑豊かな住宅地の景観にとけ込み、図書館は近隣住民に一部開放されるなど、地域社会との共生も進みます。
 本学は女性の社会進出がまだ困難な時代からパイオニアとなり、さまざまな分野に多くの人材を輩出してきました。成瀬仁蔵は「自ら人生を切り拓くとともに、社会に貢献できる人材」たることを、「実践倫理」という講義で熱心に提唱。その精神は必修科目「教養特別講義」に受け継がれ、各界第一線で活躍する方々の講話は、自己研鑽へのよき手本となるでしょう。
 また4年間のカリキュラムには、実社会への水先案内となる「キャリア形成科目」が充実。女性論や女性史、女性と身体、ライフステージと法、 NPOとNGOなどの概論に加え、「地域・企業と未来を作るクリエイティブ・プロジェクト演習」や、企業から講師を招聘した「課題解決型ワークショップを用いた企画開発」など、実務重視の講座も用意されています。女性の長い人生には、結婚、出産、子育て、介護などの選択もあり、ライフステージに応じた働き方への目配りも欠かすことはできません。

将来設計につながる実践的なプログラム

 将来を考えるうえで、よい手掛かりとなるインターンシップも盛んです。職業体験をすることで、自分の指向性や適性、身につけるべき自己表現力やコミュニケーション力などが具体的に見えて来るでしょう。一般企業だけでなく、社会福祉など行政分野を目指す学生へのサポートも行います。
 同窓会組織「桜楓会」の人的ネットワークも強い味方。 OGのリアルな体験談、マナーやメイク講座、地方を含む求人・求職情報の提供などがあり、120年に及ぶ伝統の蓄積は他大学の追随を許しません。
 なお、本学は就職後に育児や進路変更などで離職した女性を対象に、1年間のキャリア教育を提供する再就職プログラム「リカレント教育課程」も用意しています。一人ひとりが納得した人生を送れるよう、日本女子大学は教育で支援を行っています。

MESSAGE

一人ひとりの夢に近づくためのキャリア支援プログラム

 日本女子大学では授業にキャリア形成科目を導入するほか、キャリア支援課の主導で各種の就職支援ガイダンスを実施しています。中でも好評なのが業界研究会。食品、情報、マスコミ、アパレル、医療、製造など分野ごとに4社ほどが参加。食品ならメーカーのほか卸し、流通など業界の全貌が理解しやすい構成で、学生は各社の説明を比較検討しながら仕事の理解を深めることができます。
 エントリーシートや面接、筆記試験対策、OGとの懇談など講座も多彩。ユーターン希望学生への情報提供や、インターンシップのアテンド、進路の悩みに応えるカウンセリングセンターとの連携、桜楓会との協力など、キャリアサポートの要を担っています。

Campus Data

日本女子大学
所在地 東京都文京区目白台2-8-1
TEL 03-5981-3163(入学・広報部広報課)
URL https://unv.jwu.ac.jp/unv/
〈PR〉

大学のトップが語る いま必要な力と学びとは? 学長インタビュー こども教育宝仙大学

1年次から充実したプログラムで社会の変動に強い人材を育成

太田 誠一 学長
おおた・せいいち/1978年神戸大学法学部卒業。同年住友海上火災保険(現・三井住友海上火災保険)入社。取締役、専務執行役員等を歴任。2017年退任。同年7月にこども教育宝仙大学副学長に就任。2019年4月から現職。教育職員免許(中高社会)取得。
  進路を考える際に大切なことは、何をやりたいのかと、どんな時代になるのか、ということだと思います。時代の流れに個人の力で立ち向かうのは、困難なことです。次の三つの時代を想定しています。「アフターコロナ時代」、「AI・ロボット時代」、そして「グローバル時代」です。私たちこども教育宝仙大学は、これらの時代にマッチした教育を提供しています。
 まず「アフターコロナ時代」、新型コロナウィルス感染症の影響で就職状況は急速に悪化、影響は相当長引くと思われます。このような時代に強いのは公的な資格、特に幼稚園教諭、保育士は、今後も人手不足が続き、引く手あまたの状態と考えられます。
 「AI・ロボット時代」では、ますますAI等が私たちの仕事を侵食していくでしょう。しかし、人と人とを結ぶホスピタリティ系の仕事や、創造性が求められるクリエイティビティ系の仕事は残る仕事です。ホスピタリティ系の仕事である幼稚園教諭や保育士は、AIの侵食を許さない仕事の代表格です。
 「グローバル時代」では、保育の世界でも、海外からの日本在住者の子供たちが保育所、幼稚園に通うようになっています。本学では従来から、オーストラリア保育体験学習を実施していましたが、それを拡大し、「保育留学」して、オーストラリアの保育士資格を取得する制度をスタートします。これにより幼稚園教諭第1種と保育士と併せ国内外で三つの免許・資格が取得可能です。海外経験と共に、グローバル時代に対応できる力が身に付くと思います。

幼稚園教諭就職率や保育士就職率で高い実績

 本学は保育者養成の単科大学で、90年の信頼があります。優れた保育者を育てるために1年次から「体験学習→保育実習→教育実習とつながる実習体系」「ゼミナールと担当教員アドバイザー制」等を整えていることが特徴的です。
 さらに、クリエイティビティ系の音楽や造形、ダンス等の身体表現という、表現系の授業も充実させており、学生達は創造性豊かな学びを続けています。
 こうした教育方針が広く認められ、就職率の高さに結びついています。幼稚園教諭就職率は昨年度に続き全国第1位、保育士就職率でも全国第2位(朝日新聞出版『大学ランキング2021』より)と、保育職への就職率は全国トップレベルを誇っています。
 これらの実績を踏まえ、次の目標を「100年ブランド『保育の宝仙』への挑戦」とし、教職員、卒業生、そして学生の皆様と、一緒になって取り組んでまいります。

問い合わせ先:こども教育宝仙大学 http://hosen.ac.jp/

〈PR〉

大学インフォメーション 小学校教員・幼稚園教員・保育士採用に実績のある大学 こども教育宝仙大学

1年次から目標を見据えた授業を展開 表現系科目の充実も図り即戦力を養成

教授 石川 悦子
いしかわ・えつこ/横浜国立大学教育学研究科大学院修了。2017年こども教育学部長就任。研究・専門分野は教育臨床心理学・カウンセリング。
 本学は「人間性豊かで社会性に富み、他者との円滑なコミュニケーションができる」「あふれる情報と多様化した社会の中で、変化に即した判断ができる」「専門知識や技法を適切に駆使でき、絶えずそれを向上させようと努力することができる」人材の育成を目指しており、保育士と幼稚園教諭の資格・免許取得に極めて高い実績を持つ4年制大学です。
 綿密に組まれたカリキュラムはゼミをベースに構成されています。1クラス約12名のゼミでは、1年次は学生としての主体的な学修スタイルを身に付けることを目的にしています。履修科目は保育原理や発達心理学、健康スポーツ実技、ピアノ、英語などの基礎科目と同時に、隣接する幼稚園での現場体験などがあります。
 2年次も必要な科目の修得を優先しながら、障害者施設などの見学を行い、学ぶべきことや、子ども達との触れ合いの方法などについて実体験の中で感じ取り、学修のモチベーションを高めます。幼稚園体験も再度行い、2年次最後の2月には2週間の保育実習を行います。
 3年次になると専門ゼミを選択、実習も本格的になってきます。2週間の施設実習と、施設と保育園の選択実習をこなしながら学びを深めます。
 4年次では、4週間の教育実習を幼稚園で行います。このように実習と座学の往還のなかで両資格を取得します。そして、卒業研究をまとめて社会に出て行きます。

カリキュラムの充実とともに教員の教育能力の向上も図る

 本学の特長は表現系科目の充実にも注力していることです。1年次から音楽、造形、身体の各領域で、保育や幼児教育に必要な教育力だけでなく、学生自らの感性を引き出し、表現する楽しさを学びます。
 例えばピアノの演奏力は即戦力として求められるため、1~4年次まで1人1台ずつのピアノを使って学べる環境を整えています。
 また個人の得意分野を伸ばす仕組みとして「宝仙マイスター制度」を設けています。「食育おやつマイスター」「身体遊びマイスター」「異文化・国際理解マイスター」の3プログラムが設定され、どれも正課科目として単位認定されます。
 こうした努力の甲斐があり、本年3月卒業生の就職率は100%(就職者68名/就職希望者68名)で、資格・免許を活かした幼児教育・保育職への就職者が57名となっています。
 本学は、学生一人一人に寄り添った教育を展開するために、カリキュラムを充実させるばかりでなく、FD(大学教員の教育能力を高めるための実践的方法) 研修会にも力を入れており、意見交換を活発にして教員の教育能力の向上を図っています。

TOPIC

利賀村と豪州で独自の教育プログラム

 いま必要とされる幅の広い保育者を養成するために、生活文化を学ぶ「地域文化体験」と、グローバルな視野を養う「国外保育体験」を行っています。「地域文化体験」は2年次に富山県利賀村で行われます。地域の「食文化」「伝統文化」「人々」にふれる体験学習プログラムにより、人々との交流の大切さや、現代のこどもと環境の繋がりなどを学びます。「国外保育体験」は3・4年次に、オーストラリアのゴールドコーストで行われます。現地の幼稚園で保育体験を行い、保育英語に触れ、多文化共生社会でのグローバルな保育者の育成を目指します。
 さらに今年度、「オーストラリア保育留学」を開設する予定です。3年生から4年生にかけて10ヶ月間の留学を通じて、現地の保育士資格も取得するコースです。

Campus Data

こども教育宝仙大学
所在地 東京都中野区中央2-33-26
TEL 03-3365-0267
URL http://hosen.ac.jp/
〈PR〉

OBインタビュー 活躍する卒業生に聞く大学で学んだこと、夢へアプローチする力 名古屋芸術大学

起業や仕事熱の原点は、大学で出合った双方向コミュニケーションの魅力だった

 仕事は一貫して、一般消費者向けのwebサービスやアプリの制作です。大学で出合ったFlashという技術が面白く、web上で双方向のコミュニケーションをデザインしたいと思い、メディア事業を展開する企業に就職。自分が手がけたサービスのユーザー数が急増するのを見て、仕事にのめり込みました。
 その後は、チームを率いてものづくりをしたくて転職したのですが、そこでは、大学で受けたチーム実習の授業が役立ちました。またイベントの企画運営では、これまでにディレクターとして皆を牽引した経験が生かされました。なお、実は学生時代は演劇部で活動していたのですが、そこでも自分たちの表現を客席が受け止めてくれる双方向コミュニケーションの魅力を感じていましたね。そうした志向性は学生時代から育まれてきたのかもしれません。

「夢中になれることの追求」が実を結んだ日本初のフリマアプリ

 2012年に、シリコンバレーの視察を行い現地のスタートアップ企業の熱気に刺激をうけ、勢いで起業しました。世の中の「不便」を見つけ、それを解決するサービスを創りたかったのです。そうして生まれたのが、日本初のフリマアプリ「フリル」です。メルカリよりも早くにフリマアプリの概念を形にしたもので、後に会社自体を楽天に売却し、今は「ラクマ」となっています。
 大学時代にやってほしいことは、長時間取り組んでも苦にならないくらい夢中になれることを見つけることです。さらに「学ぶ習慣」があれば成長カーブが飛躍的に伸びますから、そんな習慣を付けるのも学生時代から意識しておくべきしょう。社会人になって最初の数年間に「夢中になれること」に対して膨大な時間と熱量を注ぎ込めるか、そこに「学ぶ習慣」があるかどうかが、社会人としての一生を左右すると思います。

takejune さん
デジタルプロダクトデザイナー/起業家
名古屋芸術大学デザイン学部デザイン学科造形実験コース(現 芸術学部芸術学科デザイン領域メディアデザインコース)2007年卒業。(元株式会社Fablic取締役共同創業者。日本初のフリマアプリ「フリル(現 ラクマ)」をリリース)

早い段階で「自分」を知り4年間の学びを充実させて

 私自身もいま、新しいサービスを開発中ですが、初めて扱う動画作成ソフトをあえて採用するなど、小さなことでも新しいことにチャレンジするようにしています。学生の方には、手始めにぜひ、本を読む習慣をつけてほしいですね。情報への感度や論理的な思考力が身につくと思います。いまは、様々なバックグラウンドをもった人材がデザイナーになる時代ですから、論理的思考で企画を言語化できないと太刀打ちできません。
 名古屋芸術大学では学部や専門領域を越えて受講できる授業もありますし、デザイン領域では1年次に共通の基礎カリキュラム「ファンデーション」で立体、平面からデジタル、テキスタイルなどひととおりの基本を学べるんです。そうすると自分の得手不得手に気づくことができ、その後の学びを充実させられます。受験前の段階で自分がやりたい・やれることという「質の高い意思決定」をするのは難しいので、入学してからそこに時間をかけられる制度があるのは、いいのではないでしょうか。
 そうやって、自分が他の人よりも粘り強く続けられる分野を選び、将来の仕事や生き方につなげてもらいたいですね。

問い合わせ先:名古屋芸術大学 http://www.nua.ac.jp/
〈PR〉

大学インフォメーション 就職に強い大学最新事情2021 名古屋芸術大学

専門分野とビジネス力の「二刀流」で生き抜く力をつけ、仕事で夢を実現させる

実務経験豊富な教職員による実践的なカリキュラム

 中部圏唯一の私立芸術系総合大学として50年の歴史を持つ名古屋芸術大学は、2017年に大胆な学部改編を実施。美術・デザイン分野から音楽、子どもの教育など、専門性を高める現場に根差した教育と合わせ、学部・領域を越えて「ボーダレス」に学べる横断的なカリキュラム体制で、幅広い視野と柔軟な発想を持つ人材を養成している。
 キャリア教育では、4年間かけて学ぶ専門分野という「大きい刀」に加え、経営や法律の基本知識、そして経済動向やリスク管理等を読み込む力といった「小さい刀」を備える「二刀流」を目指すことが基本方針だ。
 「小さい刀」となる正規授業に「キャリア1〜4」があり、1〜2年生では学生から社会人へ橋渡しする位置付けで、雇用動向や組織社会について知り、働く上で必要なビジネススキルや、自身を守るための労働法や社会保障等のワークルールを学ぶ。3~4年生では、弁護士や社会保険労務士、企業の管理職などの実務専門家によるリレー講義や、書類審査から筆記試験、グループディスカッション、面接について実践的に訓練する就職活動対策を行う。
 このキャリア授業の内容は社会情勢に合わせて柔軟に対応するが、一貫しているのは、社会で生きていくためには社会スキルという「矛」(ホコ)と法律や労務知識などの身を守る「盾」(タテ)が必須だという考え方だ。こうした実践的な方針が打ち出せる背景には、例えば大手企業のデザイン職や起業して経営に携わるOBとの繋がりを生かして、「学生時代に学んでおきたかったこと」という実際の声を取り入れたり、またキャリアセンターの教職員に、民間のビジネスや人事・労務経験者を配置していることなどが挙げられる。

ビジネス界とのリアルな交流で学生に気づきや刺激を与える

 そのほかキャリア支援としては、デザインやエンターテインメントなどの業界研究講座やポートフォリオ対策講座を実施。就職に役立つ資格取得講座も行う。同大学ならではの、ビジネス界などの実社会とのつながりで実現しているものに、官公庁や優良企業を招いて各業界の全体像や仕事を学生に直接伝える「官民学合同説明会&交流パーティー」や就業力の養成を目的とした実務家による「ハイパワー講座」がある。前者は年1回、8月の恒例行事であり、後者は春と秋に全4回のセッションが設けられている。特に後者では、最新のフレームワークや統計、事例から学ぶ「国際ビジネス講座」や経営の疑似体験ゲームで会計・財務スキルを身につける「ハイパワー起業講座」、 AIの影響や働き方の多様化を知る「キャリア支援講座」など、実践的な内容に加え、修了式には企業の経営者や人事担当者との交流会もあり、リアルな情報を求める学生の期待に応えている。

担当者からの声

 芸術系大学である本学の学生は「表現」に対する意識から、プレゼンテーション力が高い傾向があります。一方、企業ではデザイン職に限らず、自分の考えを述べて説得・交渉する能力が求められます。このように芸術系大学ならではの能力がビジネスにおいても役に立つことを学生に気づかせることが、キャリアセンターの大事な役目です。学生が自身の専門性を社会で生かすための職業や就職先選択についても発想を豊かに、幅広い選択肢に気づくことができるようなキャリア支援を心がけています。
 また、職員自身が企業などの「人事」の考えや内情を深く知って、より適切に指導できるよう、定期勉強会を実施しています。いわゆるブラック企業的な振る舞いも、労働法や労務管理の知識があれば見抜くことができ、学生を守ることにつながるでしょう。
 芸術系大学の学生にとって、副業やフリーランスなど多様な働き方ができるこれからの時代は、仕事で夢を実現できるチャンスといえます。そのためにも、大小の刀を使いこなせる二刀流で「生き抜く力」をつけて社会に送り出したいと、職員一同、日々奮闘しています。

Campus Data

名古屋芸術大学
所在地 [WEST 西キャンパス]
    愛知県北名古屋市徳重西沼65番地
    美術領域/デザイン領域/芸術教養領域/舞台芸術領域(2021年新設)
    [EAST 東キャンパス]
    愛知県北名古屋市熊之庄古井281番地
    音楽領域/芸術教養領域/舞台芸術領域(2021年新設)/人間発達学部
TEL   0568-24-0318(広報入試課)
URL   https://www.nua.ac.jp/
〈PR〉

大学力 未来に挑戦 徳島大学 理工学部

徳島大学理工学部はノーベル賞受賞者をはじめ、研究者や教育者、大手企業のCEOなど優れた人材を輩出してきた。今年度からデータサイエンスを必修化するなどカリキュラムを見直しながら、激動する現代社会で活躍できるイノベーションマインドを養成している。

理工学部長 山中 英生
やまなか・ひでお/1980年京都大学工学部交通土木工学科卒業。1983年京都大学大学院工学研究科博士課程中途退学。1988年工学博士(京都大学)。2020年4月から現職。専門は都市交通計画。

「データサイエンス」を必修化 リケジョ支援も充実

 徳島大学理工学部は伝統ある工学部と、総合科学部に含まれていた理数系学科を2016年に再編して新たなスタートを切りました。文字通り、理学のセンスを持つ工学者、工学のセンスを持つ理学者を養成していますが、日進月歩で進化する現代の科学技術においては、その垣根は極めて低いといっていいでしょう。ですから、本学部卒業生が活躍するフィールドも相当に幅広いのです。
 カリキュラムの特徴は、導入教育に力を入れていることです。それが合格発表から入学式までの間に行う、「SIH道場」です。SIHとは「鉄は熱いうちに打て」を意味する「Strike while the Iron is Hot」からネーミングしており、高校までの受動的学習から、大学で求められるアクティブ・ラーニングに移行するための心構えや具体的な学習方法を身につけます。このSIH道場は全学で行っており、理工学部では研究室見学やレポートの書き方、グループワークや、プレゼンテーションの仕方などを中心に実施しています。
 また、来年度から「データサイエンス」を全学必修科目にします。既に一部試行されており、理工学部では入学時にパソコンを購入。講義は前期(15回)に設定されており、統計学とデータサイエンスとの違いや、機械学習などの基礎をマスターした後、実際のデータを使ったグループワークを行います。
 女子学生への支援にも力を入れており、男女共同参画推進部門の「AWAサポートセンター」を設置していますが、常三島キャンパスでは、この4月から「J-SWEET」という理系の女子学生と女性研究者の活動拠点を設けました。気軽に意見交換するランチ会など、リケジョ育成を目指した様々なイベントを予定しています。

OBも参加する丁寧な就職支援

 本学部の定員は1学年約600人で、6割は大学院修士課程に進学します。大学卒業時に就職する者、修士課程修了時に就職する者に分かれますが、いずれも就職率はほぼ100%※。理工系ですから人材ニーズは高いのですが、私たちは学生自身が本当にその企業や職種を望んでいるかを重視しています。  かつては、学科長やゼミの指導教授が就職先となる企業に学生を推薦していましたが、近年は本学部OBによる推薦が目立ってきました。OBがリクルーターとなって本学を訪れ、業務内容を説明したり、学生とディスカッションをした上で見込んだ学生を指名するのですが、学生自身も気心の知れた先輩が自社について本音で話してくれるので信用できる。加えて、先輩の活躍ぶりを見て、数年先の自分の姿を想像することもできる。これによって満足度の高い就活が可能になっているのです。こうした良好な先輩・後輩関係が続いていることも本学部の長所といえるでしょう。

Hot Topics

単位取得も可能なイノベーションプロジェクト

 学生の主体的な活動「イノベーションプロジェクト」も本学部の特徴です。学部1年生から大学院生までの約200名が、イノベーションプラザで様々なものづくりに挑戦。今年で17年目を迎えるプロジェクト活動は、現在、全学誰もが活動できる単位認定科目(通年2単位ずつ)となっています。
 ソーラーカーや鳥人間、ロケット製作など様々ありますが、もっとも本学らしいのは「阿波電鉄プロジェクト」でしょう。徳島県は全国で唯一電車が走っていない県です。このため、学生が車両を製作して、現役路線を走らせることを目標に設定。現在は6人乗りの小型電車づくりに取り組んでいます。中にはクラウドファンディングで資金調達したり、学外の大会に参加するプロジェクトもありますが、どのプロジェクトでも試行錯誤しながら学生が逞しく成長しています。

Campus Data

徳島大学 理工学部
所在地 〒770-8506 徳島市南常三島町2丁目1番地
TEL 088-656-7304
URL https://www.tokushima-u.ac.jp/st/
〈PR〉

大学力 未来に挑戦 長崎大学 工学部

今では多くの工学系大学で導入されているコース制だが、長崎大学工学部では2011年度という早期から採用してきた。他コースや他学部の科目も履修できるなどフレキシブルなカリキュラムになっているが、「長崎という地の利を生かした教育・研究を行っていることも特徴です」と学部長の松田浩教授は話す。

学部長・研究科長 松田 浩
まつだ・ひろし/1982年九州工業大学大学院工学研究科開発土木工学専攻修士課程修了。ドイツ・シュツットガルト大学で客員研究員を務める。2003年長崎大学教授。2019年から現職。

石炭から海洋クリーンエネルギーへ、そしてコロナ禍に対する医工連携へ

 九州の最西端に位置する長崎県は、海岸線の長さ日本第2位、4割が島(日本一)です。かつて江戸時代の出島での海外貿易、原爆被害とそれからの復興、それゆえNAGASAKIはアフリカの小さな国の村人にも知られています。
 こうした中、海洋県である地の利を生かして、海底調査用の潜水型ロボットの開発、ドローンを使って赤潮発生予測等々、地域に根ざした教育・研究を行っています。軍艦島の30号棟は日本最古の鉄筋コンクリート造の高層住宅(1916年建設)。100年以上も前のコンクリートが現存しており、世界的にも稀有で極めて貴重な研究資源です。当時のセメント材料や劣化メカニズムの調査により、現代のインフラの維持管理のための新しい知見が得られます。また、Society 5.0の人間中心の社会を支えるための高速光変換器と光通信技術、波力や潮流や風力等の海洋資源を利用した海洋再生可能エネルギーの有効活用技術、そしてそれらを促進する発電システム、熱電変換材料、バッテリー等の蓄電技術等々、個々の要素技術の開発からエネルギーの有効利用法も考慮した再生可能エネルギー全体システムに関する教育研究を推進しています。さらに、海洋プラスチックごみは、そこに住む生態系にも大きく影響を与えています。このような地球規模の資源・環境問題を解決するためにSDGsへ貢献する先端のテクノロジーを展開しています。
 平成26年からスタートした「医工の絆」ハイブリッド医療人養成コース(大学院)への進路も開かれています。工学部学生には医療機器体験学習、医学部学生には最新のモノづくり教育が提供される工学部と医学部が連携したコースです。医学部、熱帯医学研究所や原爆後障害医療研究所との医工連携の研究は、旧長崎医科大学ならではの特徴です。

エンジニアもリベラルアーツを!就職状況は好調

 本学部では2011年にコース制を採用し、現在は5コース(機械、電気電子、構造、社会環境デザイン、化学・物質)を配置しています。カリキュラムでは、近年重視されているSTEAM教育に力を入れています。アントレプレナーシップ講座も今年から始まりました。
 本学では今春、ビッグデータやAIなどの最新情報科学を対象にした情報データ科学部を新設しました。工学部生が情報データ科学部の科目を履修して8単位(4科目)取得すると、副専攻として修了証書が発行されます。工学と情報科学は密接に関わっていますので、双方が互いの基礎知識を持つことは、社会人となって協働する際に強力な武器になります。卒業後の進路は6割以上が大学院に進学。構造工学、社会環境デザイン工学では約半数が公務員や建設会社など、地域貢献できる職種を選ぶ学生が多いです。より満足度の高い進路選択になるようにキャリアセンターと協力しながら、丁寧にサポートしています。

Hot Topics

グローバルに展開する教育と研究

 長崎大学工学部では、欧米や東アジアの大学との国際交流が盛んで、世界の科学技術をリードするグローバル教育や研究を展開しています。
 例えば、山東大学(中国)や成均館大学校(韓国)と連携し、実践的能力に優れたインフラ技術者を養成しています。国際協力機構(JICA)支援のもと、ミャンマーの工学系人材育成に貢献したり、アフリカや東南アジアの水環境の研究において高い評価を受けています。ドルトムント工科大学、フィリップ大学マールブルク(ドイツ)、マサチューセッツ工科大学(米国)等の大学へ若手研究者や大学院生を派遣し、化学や物質工学の分野において屈指の先端的な研究成果を挙げています。
 また、長崎大学大学院熱帯医学・グローバルヘルス研究科を母体とした卓越大学院プログラムに参画し、ロンドン大学衛生・熱帯医学大学院(LSHTM)と連携した教育カリキュラムを推進しています。

工学研究科で推進する再生可能エネルギー開発の概要図

Campus Data

長崎大学 工学部
所在地 〒852-8521 長崎市文教町1-14
TEL 095-819-2489
URL http://www.eng.nagasaki-u.ac.jp/