英語に強くなる⼩学校選び 2020 AERA English 特別号

<PR>

東 仁美さん
聖学院大学人文学部欧米文化学科教授(小学校英語教育)。「小学校英語指導者認定協議会」理事・トレーナー検定委員も務める。

ママ・パパが気をつけたい5つのポイント

めざすのは子どもと英語の幸せな出会い 年齢別 ママ・パパにできること

子どもが英語を好きになるために、親にできることは何だろう。
長年子どもの英語教育に携わる東仁美さんに話を聞きました。
文/木下昌子 Masako Kinoshita 写真/本人提供(東さん)
デザイン/洞口 誠、大内和樹 企画・制作/AERA dot.ADセクション

思い出すと嬉しくなる体験が
子どもを英語好きにさせる

 すべての公立小学校で3年生から外国語活動が、5年生から外国語科が導入される2020年を前に、親としてすべきことは何か、考えている保護者も多いことだろう。聖学院大学教授で小学校英語教育に詳しい東仁美さんが、家庭で行う英語教育の目標の一つとして挙げるのは、子どもと英語との「幸せな出会い」だ。
「保護者にできる最大のサポートは、子どもの中に『英語に対するポジティブな感情』を育てることだと思います。ママが読んでくれた絵本は面白かったなぁとか、あの歌好きだったなぁとか、思い出すと嬉しくなるような英語体験がある子どもは、小学校で英語の授業が始まったときにも『今まで楽しかったから、学校でもやってみよう』と思える。3年生になったとき、英語と『幸せな出会い』をすることが、その後の学習意欲にもつながるのです」(東さん)
 2、3歳の子どもの英語教育は「語学教育というより情操教育。先生に任せて終わり、教材を与えて終わりではなく、保護者の関わりが不可欠です」と東さん。学びの素材は英語の絵本、歌、アニメなど子どもの好きなものを選び、おやつの前や就寝前などの15〜30分を親子で英語に触れる時間として、日々の習慣にすることから始めてみよう。
「4〜6歳の子どもとは、季節の行事、工作、料理などの体験を、英語で一緒に楽しみましょう。心がけてほしいのが、たくさん英語で話しかけることとほめること。身近な人から英語で話しかけられることで、子どもは英語に親しみを持ち、ほめられることで、英語への前向きな感情を抱くようになります」(同)
 一緒に色を塗りながらred、blueと色の名前を言う、きれいに塗れたら「Very good!」と声をかけるなど、言葉は簡単で構わない。ここでもう一つ大切なのは、子どもに英語の発話を強要しないことだ。
「言葉が出るタイミングは、子どもにより違います。sadと聞いて悲しそうな顔をする、How many?と聞くと数えるしぐさをするなど何らかの反応があれば、十分です」(同)
 保護者の中には、自分の発音に自信がなく、それを子どもが真似することを不安に思う人もいるかもしれない。だが、東さんによれば「CDなどでネイティブの発音を聞かせれば、子どもは本能的に正しい発音を選ぶので大丈夫」とのこと。むしろ気をつけたいのは、保護者が互いの発音を冷やかしたり、"ダメ出し"をしたりすることだ。
「ママとパパの連携は大原則。子どもが英語学習を始める前に、なぜ英語を学ばせたいのかをしっかり話し合いましょう。英語を学ぶことで、子どもの世界は確実に広がります。保護者は大らかな気持ちと長い目で子どもを見守る"伴走者"になってください」(同)