飛行機の窓

AERA BUSINESS ENGLISH

英語は大人になってからがおもしろい!

ビジネスシーンを取り巻く英会話の比重はますます高まっている。
話せないデメリットに目をつぶるのは簡単、
でも話せることで広がる世界はずっと大きい。
受験英語しか経験がなくても、働く大人だからこそできる勉強法はある。
少しでも英語を身近に――まずはそんなステップから始めてみたい。

<PR>

シーネクスト・パートナーズの戸塚隆将代表取締役

日本人の優れた力を英語で発信するために

英語がビジネスシーンの共通言語であることは間違いない。「苦手だから」と言い訳している限り、その先には行けない。グローバルビジネスを見据えた企業および個人を支援するシーネクスト・パートナーズの戸塚隆将代表取締役が、ビジネスパーソンを激励する。

文/武田 洋子 撮影/宮川 久
デザイン/弾デザイン事務所
企画・制作/AERA dot. AD セクション

話せないことには理由がある

世界が求める力を発揮できない日本人

英語の必要性を感じているのに学習をためらう日本人がいるのは、ひじょうにもったいない、と戸塚隆将さんは言う。

「例えば仕事を遂行する際、自発的に完成度を追求するモラルの高さ、困っている同僚に手を差し伸べる和の精神。日本では当たり前のこうした資質は、グローバルな企業が人材の必須条件として挙げるものです。日本人の優秀さにグローバルなコミュニケーション力が備われば、たいへん競争力の高い国民になるはずなんです」

日本人が英語を苦手にしてしまう原因には二つあると戸塚さんは考えている。一つは学生時代に不得意だったコンプレックスをそのまま引きずってしまうこと、そしてもう一つはゴール設定が現実的ではないことだ。大人になっても抱え込んでいるコンプレックスを乗り越えて英語を勉強する気になるには、英語でコミュニケーションをとる楽しさを知ることが有効なのだそうだ。間違っていてもいい、まずはとにかく話してみる。その上で、ビジネスシーンで使うために地道にベースの力を積み上げていく。ただしそれは決して、ネイティブのように流暢に話すことを目指すものではない。

多くの日本人がネイティブスピーカーをゴールに設定してしまうが、そもそも無理があるし、そんな必要もありません。会議で英語の上手さを気にする外国人はいないと断言できます。それより重要なのは、建設的な意見、面白い着眼点なのです」

グローバルな会議では、「自分の意見を」「堂々と」「論理的に」「シンプルな表現で」発信することが、流暢な発音などよりよほど大切だ。

会議が苦手なのは英語のせいか

ここで気になることがある。私たちは本当に、英語のせいで会議が苦手なのか。

「実は、そもそも意見がないから黙っているというケースは少なくありません。これは自分の考えをまとめるトレーニングをするといいんですよ。例えば政治家やコメンテーターの発言を聞いたとき、自分ならどう答えるか考える。このとき必ず、結論と根拠がセットであることを意識します。いろいろなテーマに対して『私はこう思う』と言い切る練習をしてみてください。最初は日本語で構いませんから、発言の中でいちばん大切なメッセージを抽出します。その部分だけを英語にすればいいのです」

言いたいことがあればシンプルな英語でも伝えたいと思う。英語を言い訳にしていただけで、本当は自分の意見がないことの方が問題だったのだ。

「英語は単なるツールだという意見がありますが、私はそうは思いません。ツールであれば翻訳機械で代替できるが、ビジネスは瞬間的なやり取りの連続です。互いの目を見て話し、自分の言葉で伝えてこそ、信頼関係を築けるのです。人間の通訳でさえ間が悪くなるのに、ましてや機械を介することがいいとは思えません。私は、英語は身体の中に蓄積するアセット(資産)であると考えています」

日本以外の文化を知り、発見をし、それが自信につながってリーダーシップマインドが生まれる。英語はこうした新しい扉を開ける鍵になるのだ。

話せるようになる方法がある

眠っている基礎力を無駄にしない

英語で話すことを苦手とする日本人だが、読む力はそこそこある。

「他の外国語に比べて知っている英単語はけっこうあるし、名詞と動詞も何となくわかりますよね。こうした学生時代に培った『読む力』は、決して無駄ではありません。なぜなら、それが4技能の土台となるからです」

読んでわからない言葉は、聞いてもわからないし話せない。逆に、読んで理解できる内容なら、耳がスピードに追いついていないだけなので、トレーニングが可能なのだ。戸塚さんが勧める学習方法は、音読だ。

「スクリプトを確認して内容を理解したら、同じフレーズを聞きながら、自分でも声に出してください。聞いて音読する、を繰り返すことで耳が慣れてきます」

同じように発音することが難しいのではないかと思うが、戸塚さんによれば英語の発音は、舌の動きなどをきちんと説明できるものなのだという。テニスを始めるとき、見よう見まねで300回素振りをするより、グリップの持ち方や腕の使い方を理論的に教わって50回振る方が、遥かに効率がいいように、英語を教えるプロフェッショナルに基礎を教われば正しく発音できるそうだ。

文章を読むときは、語順通りに“前から”頭に入れていく。学生時代、まずは全文を読み、「○○するところの~」と後ろから訳していった記憶がないだろうか? そんなことをしていては遅すぎる。語順通りに理解することを意識するだけで読解スピードは向上するし、聞くスピードも比例して速くなる。

グループレッスンはいい訓練になる

文章を書くときは結論と根拠を明確にすること。ロジックがつながっていて第三者が理解できるか、人に添削してもらうといい。論理的に書けるようになると、同様に話せるようになるという。

「書くことが素振りで、話すことが試合のような位置づけです。素振りの力が必ず試合で出せるとは限らないので、両方を繰り返しながら、らせんを描くように向上していくのが理想的です」

そして最後に、話すときにはフルセンテンスを心がける。前編にもあったように、会議では「言い切る」ことが重要だ。戸塚さんは、英語学校に通う意義はそこにあるという。

「外国語として英語を習得する定石となっているのは、その人のレベルに合わせた大量のインプットと少量のアウトプットです。インプットに関しては、通勤時の電車内でも聞いたり読んだりできますが、問題なのはアウトプット。少量とはいえ、十分な量のアウトプットを行うには、英語学校という環境が有効なのです。ブロークンでも通じる楽しさを知る最初の段階は、先生が助け舟を出してくれる個人レッスンでもいいんですよ。でも、ビジネスに使う『フルセンテンスで言い切る』練習をするには、同じ日本人の前で、英語で話さざるを得ない状況を作ってくれるグループレッスンがお勧めです」

戸塚さんは、英語を学ぶなら必要に迫られて嫌々するのではなく、人より一歩抜きん出るつもりで楽しく踏み出して欲しい、と背中を押す。

「すべての日本人が話せる必要はないと思っています。一部の人が話せればいい。でもその中に自分が入っていると楽しいですよ」

戸塚隆将さん

シーネクスト・パートナーズ株式会社 代表取締役戸塚隆将さん

慶應義塾大学経済学部卒業後、ゴールドマン・サックス証券へ入社。同社退社後、ハーバード経営学大学院 (MBA取得) へ私費留学。 卒業後、マッキンゼーに入社し多国籍企業の経営コンサルティングに従事。2007年シーネクスト・パートナーズ株式会社を設立。『世界で活躍する日本人エリートのシンプル英語勉強法』(ダイヤモンド社)など著書多数。