RUNNERs AERA
GEL-NIMBUS®21

アシックス GEL-NIMBUS®21

メーカー希望小売価格¥17,280(税込)
DARK GREY/MID GREY
WOMEN'S

より高いフィット感とライド感
クッショニングシューズは
新時代へ

アシックスのクッショニングシューズを代表するモデルといえば、GEL-NIMBUSシリーズだ。21作目となる最新モデルは、フィット感とライド感がさらに進化。シリーズの歴史のなかでも ターニングポイントの一足となりそうだ。

文 /高原 暢彦 写真 /増尾 峰明 企画・制作 /AERA dot. AD セクション

着地時の足の倒れ込みがほとんどないニュートラルプロネーターから、外側に倒れ込むアンダープロネーター向けに開発されたGEL-NIMBUS。欧米で高い人気を誇り、日本でも初心者向けの高機能ランニングシューズとして認知度が高まっている。

より高いレベルのフィット感を追究

最新の21作目でさらなる進化を遂げたのがフィッティングだ。これを実現したのが、ラスト(靴型)の改良である。特につま先が前作と比べてラウンド形状となり、厚みも増した。GEL-NIMBUS 21の開発を担当したアシックスの石井拓人さんは、「ゆとりをもたせたことで、より多くのランナーの足に合いやすくなりました」と話す。

アッパーの改良もフィット感の向上に寄与している。素材にはダブルレイヤードジャカードを採用。足の動きに合わせて柔らかく包み込むフィット感を実現した。歪みが生じやすい内側のアシックスストライプ部に細かい切れ込みを入れるなど、ミリ単位でこだわったという。

クッショニングシューズを代表するモデルとあって、アシックススポーツ工学研究所でフィッティングの研究を行う一方、国内外の社員による試着は20〜30回を数えたという。「サンプリングだけでも5回は行いました。これは通常の約2倍です」と、石井さんは試行錯誤を繰り返した開発期間を振り返る。

GEL-NIMBUS®21

BLACK/LEMON SPARK
MEN'S

GEL-NIMBUS®21

ILLUSION BLUE/BLACK
MEN'S

GEL-NIMBUS®21

BLUE COAST/SKYLIGHT
WOMEN'S

クッション性と反発性を両立

GEL-NIMBUS 21では、ライド感も大きく向上した。前作では反発性に優れた「SPEVAFORM(スピーバフォーム)」とクッション性に優れた「FLYTEFORM(フライトフォーム)」という異なる素材を重ねた2層構造のミッドソールとしていたが、今作では反発性とクッション性を併せもつ新素材「FLYTEFORM PROPEL(フライトフォーム プロペル)」をミッドソールトップ部に、軽量でクッション性に優れた「FLYTE FORM LYTE(フライトフォームライト)」をミッドソールボトム部に用いている。石井さんは「クッション性と反発性の両立のことを社内で『プラッシュ』と表現しているのですが、海外のスタッフからは特にこのプラッシュ感を高めてほしいとの要望が強かった」と話す。

さらに、前作までは中足部の剛性を確保する「TRUSSTIC(トラスティック)」をシューズの外側と内側に付けていたが、今作では内側のみとした。これにより足裏全体で路面を捉えるラテラルフルグラウンドコンタクトを実現。よりスムーズな足の運びをサポートしてくれる。

GEL-NIMBUS®21の構造

初心者から経験者のLSDまで

アシックスの技術を惜しみなく注ぎ込み、大きな進化を遂げたGEL-NIMBUS 21。クッション性に優れたシューズは多々あるが、GEL-NIMBUS 21はクッション性だけが優れているわけではない。フィット性、サポート性、安定性、ホールド性など、トータルバランスがハイレベルで優れているのだ。石井さんは、「これからランニングを始める人や、フルマラソン初挑戦の人にぜひ履いてほしい」と力を込める。「今作は反発性も向上しているため、ある程度のタイムで走れる経験者でも、LSD(長距離遅走)トレーニングなどで満足してもらえるシューズとなっています」と石井さんは胸を張る。

初代からの守るべき伝統は守りつつ、さらなる進化を遂げた今作は、GEL-NIMBUSが新たな段階に突入したことを物語っている。雲の上を走るような走り心地を、あなたも体感してみないか。

レジェンドオブ GEL-NIMBUS

最新モデルを含めたGEL-NIMBUSシリーズの歴史は、アシックスの技術の歴史とも言える。歴代モデルのなかで、ターニングポイントとなったシューズを紹介しよう。

GEL-NIMBUS 1(1999年)

GEL-NIMBUS 1(1999年)
ニュートラルおよびアンダープロネーター向けシューズとして世に送り出された記念すべき1作目。優れたクッション性を連想させる「雲」を意味する「NIMBUS」という名が与えられた。

GEL-NIMBUS 6(2004年)

GEL-NIMBUS 6(2004年)
アッパーの変形を足の変形と同じにしてフィット性を高める構造設計「バイオモルフィックフィット」を採用。アシックススポーツ工学研究所が科学的なアッパーの機能研究開発にも本格的に取り組み始めた時代である。

GEL-NIMBUS 12(2010年)

GEL-NIMBUS 12(2010年)
走行中の重心移動のばらつきを抑え、安定した走行を可能にする「ガイダンスライン」を初めて搭載。安定したランニングフォームをサポートした。

GEL-NIMBUS 15(2013年)

GEL-NIMBUS 15(2013年)
メッシュ材のアッパーに伸縮部と非伸縮(補強)部を設け、快適な履き心地を維持した状態で足への追従性を向上させる「フルイドフィット」を採用。フィット感が大幅に向上した。

GEL-NIMBUS 17(2015年)

GEL-NIMBUS 17(2015年)
アッパー素材にジャカードメッシュを初めて採用。これに伴い、補強材も立体プリントに変更した。デザインの自由度が上がり、機能性とデザイン性の両面で高い評価を得た。

GEL-NIMBUS 21開発担当者石井拓人さん

GEL-NIMBUS®21開発担当者石井拓人さん

2010年の入社以来、パフォーマンスランニングシューズの開発に従事。アシックス傘下のアウトドアブランド「ホグロフス」のトレイルランニングシューズ開発にも携わった。GEL-NIMBUS 21を担当後、現在はスポーツスタイル部門でスニーカーなどの開発を担当している。「GEL-NIMBUSはアシックスを代表するモデルの一つ。あこがれだったシューズの開発を担当でき、思い出深い一足になりました」

詳しくはこちらへ

提供 : アシックスジャパン(株)

お客様相談室フリーコール0120-068-806