RUNNERs AERA

1 シューズ編

ランニングシューズはパフォーマンスに直結するアイテムだが、近年は普段使いでもまったく違和感のないデザインも増えており、選ぶ楽しさが増している。機能としては、着地時の衝撃を吸収し、そのエネルギーを反発力に変換して推進力をサポートするものが増えている。自分の走りのレベルや着地傾向を知ったうえで、必ず試着してジャストサイズを選ぶこと。どちらかというと大きめのサイズを選ぶ人が多い傾向があるが、それだとシューズの性能を生かせないばかりか、ケガのリスクも高くなるので注意したい。

上級者(3.5h以内向き)

HANZO R

ニューバランスが3Dスキャンで計測したデータと、シューズ職人・三村仁司氏主宰のミムラボの足型データを基にした新しいラストを採用。足指をしっかり使って蹴れるよう、つま先部の巻き上げが調整されている。ウィメンズモデルもあり。
「HANZO R」¥15,660/ニューバランス(ニューバランス ジャパンお客様相談室フリーダイヤル0120-85-0997)

前足部に編み込んだフォージファイバーが軽さと通気性を保ってつま先を補強。日本人の足型に合わせたラストや、前足部に搭載した「ブーストフォーム」「コンチネンタルラバー」は前モデルを踏襲。ウィメンズサイズもあり。
「adizero takumi sen 5」¥17,280/アディダス(アディダスグループお客様窓口
電話0570-033-033)

adizero takumi sen 5
ナイキ ズーム フライ フライニット

「ヴェイパーフライ 4%」と同じ、フルレングスのカーボンファイバー製プレートが、かかと部で反発力を発揮し、足を前方へ強く押し出してくれる。またFlyknitアッパーは軽量で足へのフィット感も高い。ウィメンズモデルもあり。
「ナイキ ズーム フライ フライニット」¥17,280/ナイキ(NIKE カスタマーサービス
フリーダイヤル0120-6453-77)

GT-2000 7

独自のソール形状により、着地時にかかとが内側に倒れ込むのを軽減し、走行中の重心移動のばらつきを抑えて、走りを安定させる。また、前足部と後足部に搭載したGELテクノロジーが着地時の衝撃を和らげてくれる。ウィメンズモデルもあり。
「GT-2000 7」¥13,824/ASICS(アシックスジャパン お客様相談室フリーコール0120-068-806)

ウエーブライダー 22

搭載した波形形状プレートは、中心に凹みを設けて高クッション性を持たせつつ、凸状にたわませ重心移動時に変化させることで軸足をブレにくくする。またソールの屈曲溝を増やして、前方への体重移動もしやすくなっている。ウィメンズモデルもあり。
「ウエーブライダー 22」¥13,932/ミズノ(ミズノお客様相談センターフリーダイヤル0120-320-799)

クラウドフロー

着地から蹴り出しまで、一つひとつのクラウドテック(アウトソールの3D形状)が連続的につぶれることで、前方への重心移動がしやすいつくり。二重構造のアッパーは、内側が足を包み込んでフィットし、外側が足をホールドしてくれる。ウィメンズモデルもあり。
「クラウドフロー」¥16,524/オン(オン・ジャパン
電話045-264-9440)

ハイブリッドNX

クッション性と反発性を兼ね備えたミッドソール素材「ハイブリッドフォーム」をかかと部に搭載している。スタイリッシュなデザインで、初心者やLSDに最適な一足。ウィメンズモデルもあり。
「ハイブリッドNX」¥10,800/プーマ(プーマ お客様サービスフリーダイヤル0120-125-150)

ボンダイ 6

ボリュームがあってマシュマロのように柔らかいミッドソールが着地時の衝撃を吸収。また、つま先部とかかと部を滑らかにそぎ落としたソール形状により、着地から蹴り出しまで足運びもスムーズ。メッシュのアッパーは通気性も高い。ウィメンズモデルもあり。
「ボンダイ 6」¥22,680/ホカ オネオネ(デッカーズジャパフリーダイヤル0120-710-844)