〈PR〉

初めて宇宙で時を刻んだオメガの時計

Text:Masaharu Nabata Design:SOUPED-UP DESIGNS
Planning:AERA dot. AD SECTION

OMEGA Speedmaster Professional

オメガ スピードマスター プロフェッショナル

1957年の初代発売以降、改良を加えて生き続ける傑作。
今では人類初の月面探査に同行した唯一の腕時計として敬意を込め
"ムーンウォッチ"と呼ばれる。
手巻き、クロノグラフ、SSケース、42.0mm径。¥550,000(税抜き)

1969年、人類初の月面着陸に成功したアポロ11号。この偉業を描くのが2月公開予定の「ファースト・マン」だ。監督はアカデミー賞6冠に輝く「ラ・ラ・ランド」のデイミアン・チャゼル。この新作では、偉業に至るまでを主人公であり"最初の男"となったニール・アームストロングの目を通して丹念にたどる。

なによりも圧倒されるのは宇宙飛行のリアリティー。狭い空間に閉じこめられて味わう過激な振動と騒音。そして宇宙空間に放り出されたときの開放感と浮遊感。まるでアームストロング船長と共に宇宙に飛び出したようなリアルな飛行体験が、この映画の何よりの特徴だ。

「ファースト・マン」

宇宙服の上にスピードマスターを装着したアームストロング宇宙飛行士。演じるのはアカデミー賞6部門に輝く「ラ・ラ・ランド」主演のライアン・ゴズリング。
「ファースト・マン」2月 全国ロードショー公開 東宝東和配給 ©Universal Pictures

そしてこの映画でさりげなく、しかし確かに存在感を誇示するのが、アームストロングをはじめとする宇宙飛行士が装着するオメガのスピードマスタープロフェッショナル。60年代初頭、NASAは数社のクロノグラフをテストにかけるが、最後に残ったのはオメガのスピードマスターただひとつ。以後、スピードマスターはNASA公式時計として採用され続けている。

ゴードン宇宙飛行士が着用した現物

アポロ11号の4カ月後、2度目の月面着陸に成功したアポロ12号のゴードン宇宙飛行士が着用した現物。長いベルクロストラップが特徴。

だが、なぜスピードマスターだけが過酷なテストをクリアできたのか? 実はスピードマスターは手作りの超高級時計ではない。ただしオメガの持つ技術を惜しげもなく投入し、優れた基本設計をベースに高い精度と耐久性の獲得を目指し、徹底した品質管理のもとに生み出された信頼性の高いモデルである。ゆえに現在、米国、ロシア、日本、カナダおよび欧州宇宙機関(ESA)が運用する国際宇宙ステーションでも公式時計に採用されているのだ。

こうして人類の宇宙開発と共に歴史を刻むスピードマスター。"史上、最も危険なミッション"とされた月面着陸計画を徹底したリアリズムで描く「ファースト・マン」を全身で堪能するなら、その腕にはスピードマスター"ムーンウォッチ"プロフェッショナルこそがふさわしい。

オメガ スピードマスターの詳細はこちら

https://www.omegawatches.jp/

オメガお客様センター

03-5952-4400

提供:オメガ