そろばんでAIに負けない学力をつける

<PR>

AERA with Kids そろばん対談 そろばんでAIに負けない学力をつける

イラスト
東大卒ママが初体験!

東大卒ママ、杉山奈津子さんが念願のそろばんスクールを初体験。
そろばん教育の効果について村上知子先生と語りました。

撮影/加瀬健太郎 取材・文/寺島万里子
イラスト/ミヤタチカ デザイン/奈雲裕介(newt)
企画・制作/AERA with Kids ADセクション

  • そ point1 一生使える”計算力”が養える!

  • ろ point2 そろばんイメージで右脳も活性化

  • ば point3 集中力や忍耐力アップにも効果的

  • ん point4 検定試験は受験のトレーニングに

村上知子さん 杉山奈津子さん

あおいそろばんスクール講師村上 知子さん(写真 左)

小中時代、珠算選手として競技会などに出場。保険会社勤務後、2児の子育てが一段落したあと、静岡市で同スクールを開校。近隣の小学校でもそろばん授業を行う。公益社団法人 全国珠算教育連盟会員。

作家/イラストレーター杉山 奈津子さん(写真 右)

静岡県生まれ。東京大学薬学部卒業。『精選版 偏差値29からの東大合格法』(中央公論新社)、ご主人と共著の 『「偏差値29→東大薬学部」「開成→東大医学部」の夫婦が教える受かる技術』(KADOKAWA)など著書多数。

イメージ1

杉山先生の授業を体験し、「そろばんは脳の発達そのものを鍛えてるんだ!」と感じました。私も小さいころに習っておきたかったですね。

村上一度見た方は皆さん、そうおっしゃいます(笑)。

杉山実は、私、計算がすごく苦手でした。大学受験の時も小学生のドリルからやり直したほうがいいのでは?と思うくらいで(笑)。逆に、大学の同級生だった夫は計算が速くてミスもなし。子どものころにそろばんを習っていたおかげで、今でも頭の中で玉が動くそうです。

村上そろばんのイメージが頭に入ってしまえば、その計算力は一生ものになります。私自身、スクールを開くまで20年のブランクがありましたが、暗算力は衰えていませんでしたね。計算だけでなく数字にも強くなります。歴史の年号でも電話番号でも数を覚えるのは得意になりますよ。会社員だったころはエクセルの資料を見て、「この数字、違う」というのがわかったり。

イメージ2

杉山すごい! 授業ではそろばんを使わず指だけ動かしている子もいました。「頭にそろばんが入ってるの?」と尋ねたら「もう少しで入りそう」って。

村上そろばんの動きをマスターしたら「頭の中に玉をイメージしてね」と話しているんです。一ケタ同士なら早い子で1年ほど、継続すると三ケタ同士でも計算できるようになります。玉の絵を思い浮かべることで、左脳だけではなく右脳も鍛えられますよ。

杉山指を動かすことで脳も活性化しそうですね。何歳くらいから始める子が多いですか。

村上教室では1年生、年長さんの順ですね。算数の筆算は下の位から繰り上がりますがそろばんは上の玉から。数の動かし方が違うので、本格的な算数が始まる前にスタートするのがおすすめです。そのくらいから始めると九九も先取りになりますし、算数は得意になりますね。

そろばん 「実際のそろばん」ではなく「頭の中にあるそろばん」で計算する子どもたちも。このイメージが左脳と同時に右脳も鍛える。

「実際のそろばん」ではなく「頭の中にあるそろばん」で計算する子どもたちも。
このイメージが左脳と同時に右脳も鍛える。

杉山上達の秘訣はあります?

村上あります。ズバリ、素直さですね(笑)。早いうちに始めたほうがいいというのも「6たす7」と聞いても筆算ができない、玉を動かしたほうが早い年代のほうが素直に取り組みやすいから。もちろん、筆算を習った後でも素直なお子さんなら上達は早いですよ。

イメージ3

杉山息子が4歳なんです。習わせてみたいけれど1時間も座っていられるかが心配で。

村上当スクールの未就学児クラスは一コマ50分ですが、その長さなら大体の子ができます。子どもの集中力が続くよう、授業も細切れにしていますしね。そこは小学生クラスも同じで、フラッシュ暗算や読み上げ算をやった後、レベル別のテキストで自習、1枚できたら先生に見せるという具合に。

杉山授業でも飽きさせない工夫を感じました。楽しく続けられることが一番ですよね。

村上継続してこそ得られるものも大きいですからね。そろばんは検定試験も多くて、級が上がることがやる気につながりやすい。逆にダメだったとしても、その挫折が子どもの財産になります。

杉山先生は間違っていても答えを教えず「もう一回やってごらん」って。自分で弱点を見つけ、粘り強く修正していくことは受験でも必要な能力だと思います。

村上「そろばんは脳のスポーツ」といわれますが、制限時間を設けることで速く正確に計算するクセがつき、集中力も磨かれます。小さいころから検定試験を受けてきたことで、ある生徒は高校受験のとき、「まったく緊張しなかった」と。コツコツ練習を続けて本番で自分のマックスの力を発揮する、それが自然に身につきやすいと思います。

イメージ4

杉山東大入試でも時間内にどれだけできるかが鍵。計算が速いと他の問題にかけられる時間が長くなりますし、圧倒的に有利なんですね。だけど、そろばんの魅力って計算だけじゃない。集中力や忍耐力、自発力も鍛えられること。今は学校でもほとんどやりませんから、やっている子のアドバンテージって相当なものだと思うんです。

村上そうですね。スマホの検索で簡単に答えがわかってしまうような時代ですから、それ以前に脳を使う、学習の土台を作っておくことは非常に大切。スポーツでも集中力を鍛えることはできますが、そろばんはメンタルを鍛えながら計算力もついてしまうのがお得なところ(笑)。しかも、スポーツや音楽と違い、センスがなくてもある程度の成長は見込めます。間口の広い習い事だと思いますよ。

  • そろばん教室01
  • そろばん教室02
  • そろばん教室03
  • そろばん教室04

そろばんは日本の子どもたちの"頭"と"心"を鍛えます

珠算学習により①計算力②忍耐力③数の概念④集中力⑤上級を目指そうとする積極性――が育まれます。私たち指導者は地域とともに子どもたちを育てていく、そんな熱い気持ちを持って珠算教育活動をしています。全国各地のおすすめのそろばん教室はこちらから↓

詳しくはこちらから

TEL 075-681-1234
http://www.soroban.or.jp/

提供:公益社団法人 全国珠算教育連盟