社会を知る、共に生きる。vol.1 社会を知る、共に生きる。vol.2 社会を知る、共に生きる。vol.3 社会を知る、共に生きる。vol.4 社会を知る、共に生きる。vol.5 社会を知る、共に生きる。vol.6 社会を知る、共に生きる。vol.7

 大きなモニターに街の風景を模した映像が映される。モニター前には座席とハンドル。ドライビングシミュレーターソフトをカスタマイズした独自の実験装置だ。これを用いると、様々な運転状況をつくり出すことができ、ドライバーがどんな運転行動をしているのかを数値などで把握できる。
「自分の運転が数値化されるのは新鮮ですね。これまで安全運転を目標にしていましたが、それを客観視することはできなかったので」
 と語るのは、教習インストラクターの経験をもつ武蔵境自動車教習所(東京)の大澄ゆきなさん。調査したのは、同じ東京・武蔵野市にある成蹊大学理工学部の竹本雅憲准教授だ。

 竹本准教授の専門は「ヒューマンファクターズ(人間工学)」。人間が扱うモノやシステムをつくる際に、人間の能力や認知、行動の特性から考えてデザインするという学問だ。竹本准教授は、トヨタグループが出資する豊田中央研究所出身。「いかに交通事故を減らすか」をテーマに人間の運転行動を調査している。それに協力したのが、武蔵境自動車教習所だ。

「運転が安全かそうでないかを評価するには、事故を起こしたかどうかではなく、運転そのものが安全かどうか、評価しなければなりません。そのためには“最も安全な運転はこれ”という物差しが必要。そこで教習所のインストラクターの運転をリサーチさせていただきました」(竹本准教授)

 リサーチにあたり、まず自動車に複数のカメラを設置した。これで、運転席、車外、そして手元、足元の動きを映す。加えて運転者には、視線を計測する装置をつける。
 自動車の運転は、目で見て、次に考え、最後に操作する。先のカメラに映ったデータから、指導員が「何を見ているのか」「どう操作したのか」を調べる。また実験後に「何を考えて操作したのか」をヒアリングする。これらを総合すると、教習インストラクターがとった「理想の運転行動」が見えてくる。
 竹本准教授によると、運転のプロである教習インストラクターは「右折時に、なぜこの場所をこのタイミングで目視したのか」が論理的に説明でき、実際にそれが運転行動のデータに現れるという。一方で、一般のドライバーは感覚的に運転を行っている人が多く、自身の操作を説明できない。
「教習インストラクターの運転行動を把握することは、初心者への伝え方を考えるうえでもメリットがありました」(大澄さん)

 事故をなくすことが目的なら、自動運転の実用化を待てばいい……と考えがち。しかし竹本准教授は、自動運転の研究がシステムの精度アップにフォーカスされていることを危惧している。
「本来、機械は人間ができないことを代わって行う存在ですが、研究が進むと、機械ができないことを人間が代わって行うかたちになりかねない。私は、人間がどんな運転行動をとっているのかを把握し、足りない部分を機械で補完すべきだと考えているんです。そして、すべてを補完したものが自動運転になるのだと考えます」
 ヒューマンファクターズの立場に立つと、機械ではなく、人間を中心に据えた社会のありようが見えてくる。

 竹本准教授は、このような調査や研究を、より地域に生かしたいと考えている。たとえば、同大学が推進する「私立大学研究ブランディング事業」では、自転車安全支援システムを研究する。シミュレーターを使って中学生の自転車のこぎ方や顔の向きを調べ、自転車の運転者にフィードバックするもの。大学のある武蔵野市は、自転車に配慮して道路が整備されているものの自転車が多いため、自転車事故防止を目指してはじめた。
 また竹本研究室では、武蔵野市を拠点とするサッカーチーム「東京武蔵野シティFC」の協力のもと、サッカー選手の視線分析も行っている。選手が何を見てどう動くかを計測することで、優良選手の動きをチームで共有することもできる。
「地域と企業、大学、さまざまなつながりを生かして研究を続けていきたいんです」(竹本准教授)

 研究を通じて、地域はつながり、より良い価値を生み出すこともできる。武蔵境自動車教習所で地域交流を担当する小林良太さんは今回、調査に協力した理由をこう語る。
「自動車教習所は、近隣の大学生にご利用いただくなど、地域に密着した事業。また“交通事故ゼロ”は当社の目指すところでもある。産学連携することで新しい価値、知識の累積が生まれ、地域活性化にもつながると思いました」

 竹本准教授と武蔵境自動車教習所の調査結果は現在、一般向け講座などで使われているほか、自動車の運転システムにも生かされる可能性があるという。

教習インストラクターの実験風景(左)とヒアリング風景(右)

くわしくはこちらへ


成蹊大学では「共生社会」をテーマにした学融合的研究プロジェクトを立ち上げ、文部科学省「私立大学研究ブランディング事業」に選定されています。

成蹊大学研究ブランディング事業 
https://www.seikei.ac.jp/university/branding_kyousei/

成蹊大学 
https://www.seikei.ac.jp/university/

【社会を知る、共に生きる。成蹊大学×吉祥寺】
特集ページはこちらから

提供:成蹊大学