[PR]すべての闘いを終えて…東京2020 メダリストたちが東京・銀座の「オメガ スカイラウンジ」を訪問

競技終了後間もない8月上旬に東京・銀座の「オメガ スカイラウンジ」を訪問したメダリストたち。手にはそれぞれのメダルとオメガから贈呈された時計が輝いている。常人の及ぶところではない世界へ到達した偉人たちである
競技終了後間もない8月上旬に東京・銀座の「オメガ スカイラウンジ」を訪問したメダリストたち。手にはそれぞれのメダルとオメガから贈呈された時計が輝いている。常人の及ぶところではない世界へ到達した偉人たちである

 2021年7月23日〜8月8日、1年の延期を経てついに開催された第32回オリンピック競技大会、東京2020。17日間の全日程終了後、日本は金27個、銀14個、銅17個という史上最多58個のメダルを獲得、これは16年のリオデジャネイロ大会の41個を大きく17個も上回る結果となった。中でも金メダルの獲得数は米国(39個)、中国(38個)に次ぐ3番目。当大会でもオフィシャルタイムキーパーを担当したオメガは、東京・銀座のニコラス・G・ハイエック センターに期間限定の「オメガ スカイラウンジ」をオープン。大会期間中、当ラウンジには注目のメダリストたちが訪れ、オメガは最大級の賛辞をもってアスリートたちを祝福した。

■「ありのままの自分で勝負するしかなかった」
ソフトボール、上野由岐子選手

 2004年のアテネ大会は銅メダル、08年北京大会では宿敵米国を倒し念願の金メダルを獲得したソフトボール女子日本代表チーム。しかしその後、オリンピック競技からソフトボールが外されることとなり、実に雌伏の13年間に耐えたソフトボール代表はついに東京大会の決勝で米国に2-0で勝利し宿願の金メダルの栄誉に輝いた。特に北京大会に続きエースとして出場した上野由岐子選手は、7月25日のカナダ戦に先発すると2回表、6番ポリドリ・エリカ外野手のバット(金属製)を根元からへし折るという驚異の力投を見せ、各メディアからは驚きの声が上がった。本大会の記憶に残るシーンであろう。

ソフトボール女子日本代表チームのエース、上野由岐子選手へはスウォッチ グループ ジャパン 株式会社 オメガ事業本部長 沖早織より「シーマスター プラネットオーシャン 東京2020 リミテッド エディション」が贈呈された
ソフトボール女子日本代表チームのエース、上野由岐子選手へはスウォッチ グループ ジャパン 株式会社 オメガ事業本部長 沖早織より「シーマスター プラネットオーシャン 東京2020 リミテッド エディション」が贈呈された

 その上野選手が「オメガ スカイラウンジ」を訪れたのは8月4日。彼女は試合における緊張感のコントロール方法の質問に対し「緊張感を芯にためてパワーに変えるイメージで、緊張感は楽しんでいたように感じます」と答え、「やるべきことはやってきたので、ありのままの自分で勝負するしかなかったと思います」と述べた。上野選手へはオメガから日本の国旗をイメージしたホワイト&レッドカラーのNATOストラップを装着した「シーマスター プラネットオーシャン 東京2020 リミテッド エディション」が贈呈された。

上野選手へ贈呈された「シーマスター プラネットオーシャン 東京2020 リミテッド エディション」。セラミック製ダイアルとベゼルリング、ストラップがホワイト一色で統一される中、ラウンド形の秒針先端部とベゼルリング上の「20」をレッドの差し色にアレンジすることで、東京 2020と日本の国旗をイメージ。世界限定2020本。自動巻き、SSケース、アリゲーターストラップ。880,000円(税込み)。※実際の贈呈モデルは日本の国旗をイメージしたNATOストラップに換装
上野選手へ贈呈された「シーマスター プラネットオーシャン 東京2020 リミテッド エディション」。セラミック製ダイアルとベゼルリング、ストラップがホワイト一色で統一される中、ラウンド形の秒針先端部とベゼルリング上の「20」をレッドの差し色にアレンジすることで、東京 2020と日本の国旗をイメージ。世界限定2020本。自動巻き、SSケース、アリゲーターストラップ。880,000円(税込み)。※実際の贈呈モデルは日本の国旗をイメージしたNATOストラップに換装

■「自分の力で銅メダルを取りたいと思っていました」
卓球、水谷隼選手

 卓球の混合ダブルスで12歳年下の幼なじみ、伊藤美誠選手と共に金、また男子団体では銅とふたつのメダルを獲得した水谷隼選手。特に混合ダブルスでは卓球王国・中国の許昕、劉詩雯ペアを破り念願の金メダルが決定した瞬間、全身が爆発したかのように喜びを表現した水谷選手と、やや引き気味の伊藤選手との対比がほほ笑ましいと話題を呼んだ。

卓球の混合ダブルスで金、男子団体で銅のふたつのメダルを獲得した水谷隼選手。08年の北京大会から4大会連続でオリンピックに出場した日本卓球界のレジェンドをたたえ、オメガより「シーマスター ダイバー300M 東京2020 スペシャル エディション」が贈呈された
卓球の混合ダブルスで金、男子団体で銅のふたつのメダルを獲得した水谷隼選手。08年の北京大会から4大会連続でオリンピックに出場した日本卓球界のレジェンドをたたえ、オメガより「シーマスター ダイバー300M 東京2020 スペシャル エディション」が贈呈された

 日本卓球界のレジェンドとなった水谷選手が「オメガ スカイラウンジ」を訪問したのは8月7日。水谷選手へはフェンシング男子エペ団体チームと同じ「シーマスター ダイバー300M 東京2020 スペシャル エディション」が贈呈された。「格好いいですね」と笑顔を見せつつ金メダルと共にポーズをとる水谷選手は、前日に終了したばかりの男子団体戦について「準決勝で自分が2点を落としてしまって決勝に進めなかったので、3位決定戦では何とか自分の力で銅メダルを取りたいと思っていました」と述べた。また金メダルの重みについては「体感としては(実際の)556グラム以上ある」と、その口調はまるでこれまでの卓球人生の重みを測るかのようであった。

卓球の水谷選手とフェンシングの4選手に贈呈された「シーマスター ダイバー300M 東京2020 スペシャル エディション」。自動巻き、SSケース、SSブレスレット。660,000円(税込み)。※実際の贈呈モデルは日本の国旗をイメージしたNATOストラップに換装
卓球の水谷選手とフェンシングの4選手に贈呈された「シーマスター ダイバー300M 東京2020 スペシャル エディション」。自動巻き、SSケース、SSブレスレット。660,000円(税込み)。※実際の贈呈モデルは日本の国旗をイメージしたNATOストラップに換装

■「不思議と負ける気がしませんでした」
フェンシング男子エペ団体チーム(見延和靖選手)

 12年のロンドン大会で日本史上初となる団体銀メダルを獲得し、がぜん注目を集めたフェンシング競技。この時はフルーレという種目だったが、今大会では伝統的な決闘用武器に近い剣を使用するエペで、初の金メダルという快挙を成し遂げた男子団体チーム。その栄誉に輝いた山田優、見延和靖、加納虹輝、宇山賢の4選手は8月5日の「オメガ スカイラウンジ」訪問の際、本大会をこのように総括した。

スウォッチ グループ ジャパン 株式会社 オメガ事業本部長 沖早織を中央に勢ぞろいした、フェンシング男子エペ団体で日本勢初の金メダリストとなった4選手。写真左から山田優選手、見延和靖選手、加納虹輝選手、宇山賢選手
スウォッチ グループ ジャパン 株式会社 オメガ事業本部長 沖早織を中央に勢ぞろいした、フェンシング男子エペ団体で日本勢初の金メダリストとなった4選手。写真左から山田優選手、見延和靖選手、加納虹輝選手、宇山賢選手

 世界ランキング1位のフランス戦での勝利に対し「追いついてから最後の1点は、勝つ自信があったということだけは、はっきりと覚えています」(加納選手)。また見延選手は「楽な試合はひとつもなかったですが、不思議と負ける気がしませんでした」と述べる。団体戦において選手の気持ちや意思がひとつになることで今回の勝利をもたらし、まさに史上最強のチームの存在感を示した。

■2022年北京、そして2024年パリ
オメガの時間との闘いはすでに始まっている

 オリンピック競技の勝敗を決めるのは「記録」である。陸上も競泳もコンタクト競技である柔道やボクシングでも、記録が残らなければそのゲームは存在しなかったと言っても過言ではない。1932年のロサンゼルス大会でオリンピックの全競技の計時を単一ブランドとして初めて担当し、今回の東京2020 オリンピックで29回目のオフィシャルタイムキーパーを務めたオメガ。回を追うごとにオメガの計時機能は精度を向上し、現在では100万分の1秒まで計測可能なタイマーで100分の1秒あるいは1000分の1秒までを計時している。特に21世紀に入ってからはオリンピックを含めたスポーツ競技は、競技開始から終了までの経過のリアルタイム表示など臨場感ある情報配信へと進化中だ。

 今回もごく当たり前のように我々の眼前で進行した全競技の裏には、およそ90年に及ぶオメガの実績と技術が存在する。400トンの装置、530人のタイムキーパーと専門家、350台の競技専用スコアボード、200キロメートルに及ぶケーブルと光ファイバー、これらをすべて統合しゼロコンマ何秒の世界を瞬時に計時・表示するオメガ。彼らにとって次の世界舞台への準備は全アスリートと同様、東京2020大会終了と同時にすでにカウントダウンが始まっている。

お問い合わせ/オメガお客様センター
03-5952-4400

提供:スウォッチ グループ ジャパン 株式会社 オメガ事業部

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す