[PR]「決意新たに」日本大学入学式 |AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

[PR]「決意新たに」日本大学入学式

企画・制作/朝日新聞社メディアビジネス局
このエントリーをはてなブックマークに追加
日本武道館で入学式を迎えた日本大学の新入生たち

日本武道館で入学式を迎えた日本大学の新入生たち

 日本大学の入学式が4月8日、東京都千代田区の日本武道館で行われた。来月開催される第1回ジャパンオープンオブサーフィンに出場予定の森友二選手や、今年の日本選手権400m自由形で優勝した吉田啓祐選手らが出席した。
吉田啓祐選手(左)、森友二選手(右)

吉田啓祐選手(左)、森友二選手(右)

 式典後、森選手は「スポーツ科学部に入学して、理論的なことも勉強したい。学業とスポーツを両立し、サーフィンに抱くイメージを変えることが出来ればと考えている。日本大学同級生の応援には期待しているし、応援にはいつも感謝している」とコメント。

 吉田選手は「流水プールでの練習やウェイトトレーニングに励み、更なるステップに進みたい。もっと練習してすべてのレースで頑張りたいし、有意義な学生生活を送りたい」と抱負を語った。

 式では田中英壽理事長が「勇気・元気・笑顔を忘れずに充実した学生生活を送ってください」とエールを贈った。
入学式は午前・午後の2部制で開催

入学式は午前・午後の2部制で開催

 入学式は欠席となったがが、競泳女子の池江璃花子選手も同大スポーツ科学部に入学した。池江選手について吉田選手は「同じ水泳部として、地元開催のオリンピックに一緒に出場することが出来れば」と語った。

 2019年に創立130周年を迎える日本大学。今年の一般入試志願者数は10万853人。入学者数は1万5706人だった(4月5日時点)。難関な倍率を乗り越えた若者たちが新たな決意を胸に抱き、式典は幕を閉じた。

提供:日本大学

トップにもどる

このエントリーをはてなブックマークに追加