AERA STYLE MAGAZINE News - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

AERA STYLE MAGAZINE

News

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 長谷部誠が明かしたドイツでの監督就任という目標とその先  (2017.9.30)  dot.

     先日の対オーストラリア戦ではキャプテンとしてフル出場、日本を2018年W杯へと導いた長谷部誠。『アエラスタイルマガジン36号』(朝日新聞出版)で語った、日本サッカー界のリーダーが見据える世界と自身の未来について、その一部を特別に紹介する。*  *  * 長谷部は、長らくユニセフ国内大使を務めている...

  • 長谷部誠が課せられた懲罰的なメニュー… 理不尽な状況の乗り越え方とは  (2017.9.29)  dot.

     先日の対オーストラリア戦ではキャプテンとしてフル出場、日本を2018年W杯へと導いた長谷部誠。ドイツの所属チームで干されたり、事故のようなケガにあったときでも、前を向いて乗り越えてきた。彼のことを「運がいい」と呼ぶ者も多が……。『アエラスタイルマガジン36号』(朝日新聞出版)でプロ入りからこれまで...

  • 嵐・大野智の「好きな言葉は“3時間巻き”」通りの行動に驚き  (2017.7. 7)  dot.

     批判やプレッシャーもどこ吹く風。前に出よう、勝とうという気持ちとは無縁である。歌、ダンス、演技、アート……と多彩な才能をもちながら、誇示することは決してない。自身初の時代劇映画『忍びの国』の主演でも注目を集めている、嵐のリーダーである大野智が。『アエラスタイルマガジン 35号』(朝日新聞出版)で「...

  • 長友佑都さん、結婚はやっぱりいいですか?  (2017.3.26)  dot.

     今年1月に平愛梨さんと結婚した長友佑都さん。ミラノでの暮らしにも変化があったのだろうか。『アエラスタイルマガジン』(朝日新聞出版)の取材チームがミラノに訪れたのは昨秋のこと。そのころは、「アモーレ」が流行語大賞になるとかならないとかが、編集部内でちょっとした話題になっていました──。あれから数カ月...

  • 長友佑都が語る「セリエA」の流儀とは?  (2017.3.25)  dot.

     サッカー王国イタリア、なかでも超名門クラブでプレーするつらさは、想像を絶する。チーム内での熾烈なポジション争い。ミスをしようものなら、サポーターやメディアから容赦のない批判が――。そんな逆境を楽しむかのように、遮二無二前進を試みる一人のサムライ、長友佑都。彼のポジティブな独自の哲学に、我々が学ぶこ...

  • 長友佑都「人生、サッカー終わったあとのほうが長い」  (2017.3.25)  dot.

     インテルに所属する日本代表のDF長友佑都。サッカー王国でプレーする長友を支えているものとは? 『アエラスタイルマガジン 34号』(朝日新聞出版)で、イタリアでの7年を振り返る。インタビューの一部を特別に紹介する。*  *  * 長友佑都は、明治大学在学中に頭角を現し、FC東京に入団。ほどなく岡田ジ...

  • 吉川晃司が到達した「吉川晃司らしさ」とは?  (2016.11.30)  dot.

     鮮烈なデビューから三十余年。さらなる高みを目指す吉川晃司が、ニューアルバムを引っさげ、全国ツアーを開催。『アエラスタイルマガジン 33号』(朝日新聞出版)に掲載された、ライブレポートを特別に公開する。歳を重ねるごとに魅力を増していく吉川晃司の、いまの“すべて”が、ステージにある。*  *  * 1...

  • 市川海老蔵が1カ月の夏休みをとった本当の理由  (2016.11.25)  dot.

     今夏、1カ月という長い夏休みをとり、注目を集めた歌舞伎俳優・市川海老蔵。闘病中の妻、麻央さんのためという報道も出たが、実際には少し異なるという。『アエラスタイルマガジン 33号』(朝日新聞出版)で語った、歌舞伎、ファッション、家族……。その一部を紹介する。*  *  * スーツ姿から白いTシャツと...

  • 市川海老蔵が闘病中の妻のために叶えたいと語る「夢」とは?  (2016.11.25)  dot.

     2児の父でもある、歌舞伎俳優・市川海老蔵。家族を持つ前の自分はダメだったと評した彼が、『アエラスタイルマガジン 33号』(朝日新聞出版)で語った、闘病中の妻のために叶えたい夢とは……。インタビューの一部を紹介する。*  *  * 2013年春から市川海老蔵はブログをスタートさせている。日々更新どこ...

  • 片岡愛之助が舞台で客席から大拍手をもらった「失敗」とは?  (2016.9.29)  dot.

     東西の歌舞伎で獅子奮迅の活躍を見せる花形俳優は、舞台を離れてスーツ姿になっても匂い立つような色香に包まれていた。3年前テレビドラマ『半沢直樹』でオネエ口調の国税局員を演じて大ブレークしたのも記憶に新しい。歌舞伎の花形俳優にして現代劇・時代劇と八面六臂(ろっぴ)で活躍する片岡愛之助がその「仕事論」を...

このエントリーをはてなブックマークに追加