奥深く、愉快で、美味しい「肉料理」を。

2017/04/14 00:00

「至福物質」というものがあるらしい。必須脂肪酸の一つであるアラキドン酸というのがそれで、食肉に多く含まれているそうだ。肉を食べるとハッピーな気分になれる。だからかどうかはさておき、ここぞという時に肉食を選ぶ方は多い。

もちろん、好みや体質の問題もあるだろうが、旨い肉に舌鼓を打つ瞬間を「口福」と呼ばずして何と呼ぼう――。そう思ってやまない大人たちにオススメのお店がある。「肉処 嘉陣」だ。京都の美食家たちの間では比較的にポピュラーな肉割烹というスタイルを、都内屈指の美食エリアで楽しめるという知る人ぞ知る名店である。

ひとくちに旨い肉と言っても、そのバリエーションは多種多様。肉処 嘉陣では、牛、豚、鶏などをそれぞれの部位にあわせて和洋の垣根を越えた調理法を駆使して、コース仕立てで提供してくれる。

例えば、写真の国産黒毛和牛の炭火焼き。いわゆるA5ランク、それも旨味の強い雌牛を遠火で丁寧に炙り焼き、マスタードベースの特製ソースでいただく。鼻腔にスッと抜ける炭火の香ばしさと肉の滋味が、噛むほどに増す逸品だ。

他に、真空低温調理したレバとハツの前菜、トリュフの餡かけ茶碗蒸し、ポルチーニ茸の赤出汁……。一事が万事、出される品々すべてに五感への驚きと発見がある。かようなまでに肉料理というものが奥深く、愉快で、そして何より美味しいとは――。この感動は、口にしてみなければわからない。パートナーとの大切な日、あるいは仕事関係の接待に。至福を求めて訪れたい。

コースは5,000円(7品以上)から。ご予算に応じた、お任せコースも相談可能。
コースは5,000円(7品以上)から。ご予算に応じた、お任せコースも相談可能。

黒を基調とした内装は、落ち着いた雰囲気での食事の一助となる。
黒を基調とした内装は、落ち着いた雰囲気での食事の一助となる。

シェフの鵜野秀樹さん。知る人ぞ知るイタリアンの名手という経歴も。
シェフの鵜野秀樹さん。知る人ぞ知るイタリアンの名手という経歴も。

店名/肉処 嘉陣住所/東京都港区白金5-12-12 門脇ビル1FTEL/03-6450-2529営業時間/昼11:30~14:00(平日のみ)、夜18:00~23:30定休日/月曜、および第三日曜
店名/肉処 嘉陣 住所/東京都港区白金5-12-12 門脇ビル1F TEL/03-6450-2529 営業時間/昼11:30~14:00(平日のみ)、夜18:00~23:30 定休日/月曜、および第三日曜

撮影/関根明生

あわせて読みたい

  • あえて「産地名を伏せて」肉と対面 人気の“肉割烹”のこだわり

    あえて「産地名を伏せて」肉と対面 人気の“肉割烹”のこだわり

    AERA

    4/13

    あの「肉フェス」今年も開催!GW話題のあの肉に喰らいつけ

    あの「肉フェス」今年も開催!GW話題のあの肉に喰らいつけ

    dot.

    4/26

  • 簡単ひと手間で「おうち焼き肉」がグレードアップ!野菜と肉で夏の疲れをふきとばそう!

    簡単ひと手間で「おうち焼き肉」がグレードアップ!野菜と肉で夏の疲れをふきとばそう!

    tenki.jp

    8/29

    肉論争が勃発! 肉食は健康に良い?悪い?

    肉論争が勃発! 肉食は健康に良い?悪い?

    AERA

    4/22

  • 恍惚の肉に酔いしれる “神様”ユーゴ・デノワイエが語る熟成肉

    恍惚の肉に酔いしれる “神様”ユーゴ・デノワイエが語る熟成肉

    AERA

    2/12

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す