4月号
作家・KDDI総合研究所リサーチフェロー 小林雅一 Kobayashi Masakazu
病気を治すため「遺伝子を手術する時代」が間近に

朝日新聞出版の本

2018/04/02 10:00

 今、生命科学の分野で史上空前の技術革命が起きようとしています。それは「ゲノム編集」と呼ばれる超先端バイオ技術です。この技術を使うと、私達人類を含む、あらゆる動植物の「ゲノム(全遺伝子)」を自由自在に書き換えられます。

あわせて読みたい

  • 「神の領域」に近づくゲノム編集 人間での研究はどこまで許されるか

    「神の領域」に近づくゲノム編集 人間での研究はどこまで許されるか

    AERA

    9/10

    ゲノム編集で双子誕生は何が問題だったのか? 社会の不平等が広がる危険も

    ゲノム編集で双子誕生は何が問題だったのか? 社会の不平等が広がる危険も

    AERA

    5/2

  • 「ゲノム編集された人間の双子誕生」発表の衝撃 デザイナーベビーの悪夢とは?

    「ゲノム編集された人間の双子誕生」発表の衝撃 デザイナーベビーの悪夢とは?

    AERA

    12/11

    「スギ花粉米」で花粉症の症状を改善 実用化間近の新治療法

    「スギ花粉米」で花粉症の症状を改善 実用化間近の新治療法

    AERA

    2/16

  • 中国が人間の受精卵で「ゲノム編集」 欧米で大論争

    中国が人間の受精卵で「ゲノム編集」 欧米で大論争

    AERA

    5/19

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す