5月号
漫画家 細川貂々 Hosokawa Tenten
親と子はそれぞれ別の人間

朝日新聞出版の本

2016/06/15 12:36

 この本のモデルは私です。この本の内容はずっと生きにくいなあと感じていた主人公が一番追い込まれていた時に聞こえてきた「声」を頼りに、自分の生きにくさの原因が何だったのかを知る物語です。去年、私の仕事が無くなった時に実際に経験したことを下地にして作品を描きました。

あわせて読みたい

  • 12月号エッセイスト 小島慶子 Kojima Keiko“母娘問題の総集編”

    12月号エッセイスト 小島慶子 Kojima Keiko“母娘問題の総集編”

    12/1

    信田さよ子×斎藤環 根深い「母娘問題」に共存の道はあるのか?

    信田さよ子×斎藤環 根深い「母娘問題」に共存の道はあるのか?

    AERA

    2/5

  • 幼い頃、母が言った「醜い顔」… 62歳まで残る憎しみとは

    幼い頃、母が言った「醜い顔」… 62歳まで残る憎しみとは

    dot.

    4/14

    「あなたの介護はできません」“重すぎる母”に苦しめられた娘の叫び

    「あなたの介護はできません」“重すぎる母”に苦しめられた娘の叫び

    週刊朝日

    5/17

  • 「娘がコワい」母、「優しくなれない」娘 なぜうまくいかないのか

    「娘がコワい」母、「優しくなれない」娘 なぜうまくいかないのか

    週刊朝日

    11/27

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す