7月号
東京医科歯科大学大学院名誉教授 藤田紘一郎 Fujita Kouichiro
「腸内細菌」と「よい水」が認知症を間違いなく遠ざける

2015/07/17 12:00

 私の父は、90歳を超えて初めて認知症を発症しました。三重県の片田舎にある結核病院の院長だった父は、最終的に町の老人病院の勤務医となりました。ある日、「医者だか患者だかわからなくなったので、引き取りに来てほしい」と病院から電話が入りました。家族を全く顧みない自分勝手な父でしたが、認知症になったときは、とても穏やかな好々爺となっていました。父が病院に入院した時は、同室の患者さんを指さし、「あの患者の診察をしなければならないから、カルテを持ってきなさい」と看護師さんに指示していました。そんな姿を見ながら、「ああ、親父は認知症になっても生涯現役を貫いているんだな」と密かに感心してしまったものです。

あわせて読みたい

  • 腸と脳は密接に関係 「腸内環境」改善が認知症予防につながる可能性
    筆者の顔写真

    帯津良一

    腸と脳は密接に関係 「腸内環境」改善が認知症予防につながる可能性

    週刊朝日

    4/1

    ブームの水素水は“現状”ただの水 「第三者の検証」必要

    ブームの水素水は“現状”ただの水 「第三者の検証」必要

    週刊朝日

    6/7

  • 話題の

    話題の"水素水" その効果は疑わしい?

    BOOKSTAND

    6/29

    『腸内革命』の著者で医学博士の藤田氏 「人は125歳まで生きられる」

    『腸内革命』の著者で医学博士の藤田氏 「人は125歳まで生きられる」

    週刊朝日

    5/9

  • サビないカラダをつくる! ファイトケミカルの“9つの健康効果”

    サビないカラダをつくる! ファイトケミカルの“9つの健康効果”

    週刊朝日

    8/18

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す