5月号
哲学者・山口大学准教授 小川 仁志 Ogawa Hitoshi
歴史は繰り返す。ただ、それに抗うチャンスは常に与えられている

2015/06/01 15:48

 今多くの知識人やマスコミ、あるいは一般人さえもが、国家主義の強大化を懸念している。現政権が軍事大国へと舵(かじ)を切りつつあることを、誰もが感じ取っているからだ。ところが、不思議なことに大きな反政府運動が起こる気配は感じられない。国民は至って平穏に日常を過ごしているのである。

あわせて読みたい

  • 「民主主義」は否定的に語られてきた? “学術会議”渦中の人が書いた新刊

    「民主主義」は否定的に語られてきた? “学術会議”渦中の人が書いた新刊

    週刊朝日

    12/14

    近代政治哲学──自然・主権・行政

    近代政治哲学──自然・主権・行政

    週刊朝日

    7/16

  • 民主主義とは何か

    民主主義とは何か

    週刊朝日

    12/11

    安倍政権の国家観は「歴史の言葉」の「つまみ食い」 荻上チキ×片山杜秀が警鐘

    安倍政権の国家観は「歴史の言葉」の「つまみ食い」 荻上チキ×片山杜秀が警鐘

    AERA

    12/5

  • 東浩紀「今こそ問いたい『民主主義とは何か』 実は未完成な理念であり制度である」
    筆者の顔写真

    東浩紀

    東浩紀「今こそ問いたい『民主主義とは何か』 実は未完成な理念であり制度である」

    AERA

    11/26

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す