4月号
ノンフィクション作家・探検家 角幡唯介 Kakuhata Yusuke
ドキュメンタリストとしての矜持、あるいは誠実さ

朝日新聞出版の本

2018/04/02 10:00

 仕事柄、ノンフィクションとは何なのかと考えることが多い。ノンフィクションとはフィクションではない物語、一言でいえば創作ではなく事実にもとづいた物語だ。映像の世界ではドキュメンタリーという言葉がよくつかわれる。そのノンフィクション作家やドキュメンタリストが依拠している事実なるものだが、はたして真のまぎれもなき事実、誰にとっても間違いのない事実というのは一体どこに存在するのだろう。この問題を考え出すと、ノンフィクションとは何かという問いは哲学的な深みに沈み、答えの出ない禅問答のごとき輪廻をくりかえす。

あわせて読みたい

  • NHKと政治支配

    NHKと政治支配

    週刊朝日

    9/18

    内田樹「公共財を私財に付け替える現代 ポストモダンは近代以前へ退行する」
    筆者の顔写真

    内田樹

    内田樹「公共財を私財に付け替える現代 ポストモダンは近代以前へ退行する」

    AERA

    10/13

  • ヤフー×本屋大賞「ノンフィクション本大賞」が決定!受賞は角幡唯介氏の『極夜行』

    ヤフー×本屋大賞「ノンフィクション本大賞」が決定!受賞は角幡唯介氏の『極夜行』

    BOOKSTAND

    11/8

    ノンフィクションを殺すのは誰か そんな出版業界でいいのか

    ノンフィクションを殺すのは誰か そんな出版業界でいいのか

    AERA

    9/28

  • 極夜行

    極夜行

    週刊朝日

    3/28

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す