12月号
社会学者 岸政彦 Kishi Masahiko
もう少し希望を

朝日新聞出版の本

2016/12/01 17:35

 沖縄研究という仕事柄、那覇によく出張して、タクシーにもよく乗るのだが、沖縄のタクシーのおっちゃんはみんな本当に面白い。おっちゃんと喋るのも出張の楽しみのひとつだ。こないだ乗ったタクシーで、今年の夏は台風が少なくて、サンゴが白化してるらしいですねと、おっちゃんが話しだした。そうだなあ、かわいそうやなと答えて、しばらくサンゴの話をしてると、だんだん会話が変な方向に走ってしまい、サンゴもだらしないのではないか、と言いだした。これまでも雨の少ない年ぐらい何度もあっただろうに、何万年も進化してないし。サンゴも自助努力が足りませんよね。ほんまやな。確かにそうだわ。ぜんぜん過去に学ぼうという姿勢がないよね。南の海にいるくせに温度に弱いのはわがままだ。サンゴは生ぬるい。亜熱帯だけに。

あわせて読みたい

  • 3月5日は「サンゴの日」。サンゴってどんな生き物なの?

    3月5日は「サンゴの日」。サンゴってどんな生き物なの?

    tenki.jp

    3/5

    瀬戸内寂聴「田辺聖子さんへ ほんまに早よう、会いたいよう!」【別れの言葉2019】

    瀬戸内寂聴「田辺聖子さんへ ほんまに早よう、会いたいよう!」【別れの言葉2019】

    週刊朝日

    12/31

  • 時代をうつす若者言葉の意味を理解すると、とても面白い!

    時代をうつす若者言葉の意味を理解すると、とても面白い!

    tenki.jp

    5/15

    沖縄論壇と本土との亀裂は取り返しがつかないほど深い

    沖縄論壇と本土との亀裂は取り返しがつかないほど深い

    AERA

    5/1

  • 問題だらけの「日米安保」と沖縄の犠牲 戦後日本がつくってきた「平和と安全」の致命的な限界

    問題だらけの「日米安保」と沖縄の犠牲 戦後日本がつくってきた「平和と安全」の致命的な限界

    dot.

    8/15

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す