3月号
文芸評論家 菊池仁 Kikuchi Megumi
“現代に通底するテーマ”を活写

2015/03/30 18:26

 時代小説が従来のファンはもとより、新しい読者層の支持を受けるためには何が必要か? この重要な課題のひとつが、時代小説だからこそ描ける“現代に通底するテーマ”を内包しているかということである。言葉を変えれば時代を超えた普遍的人間像を刻み、濃密なドラマを展開できるか、ということである。現在、求められているのはそんな作品であることは確かである。

あわせて読みたい

  • 徳川十五代将軍格付けランキング! 歴史研究家が評価「最強の将軍」は誰だ?

    徳川十五代将軍格付けランキング! 歴史研究家が評価「最強の将軍」は誰だ?

    dot.

    4/29

    徳川家康は「◯◯◯」だから!?東照宮で「必勝祈願」をする理由
    筆者の顔写真

    鈴子

    徳川家康は「◯◯◯」だから!?東照宮で「必勝祈願」をする理由

    dot.

    3/18

  • 母との別離、人質生活…労苦を重ねた「徳川家康」 天下人に上りつめた乱世の勝利者

    母との別離、人質生活…労苦を重ねた「徳川家康」 天下人に上りつめた乱世の勝利者

    dot.

    5/5

    「徳川秀忠」安定の手腕 律儀すぎると酷評された三男が、なぜ将軍職を継げたのか?

    「徳川秀忠」安定の手腕 律儀すぎると酷評された三男が、なぜ将軍職を継げたのか?

    dot.

    5/7

  • 長宗我部家17代当主・長宗我部友親「不運の勇将盛親」

    長宗我部家17代当主・長宗我部友親「不運の勇将盛親」

    週刊朝日

    12/18

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す