5月号
ケアタウン小平クリニック 山崎章郎 Yamazaki Fumio
がんを生きる道標

がん

2014/06/05 17:10

 2人に1人が、がんになり、3人に1人が、がん死している現実がある。老化もその大きな原因であるがんは、今後、団塊の世代に襲いかかり、やがて2人に1人が、がんで死亡すると言われている。このような現実を直視し、腹をくくり、誰もが、がんになり、がんで死亡するかもしれないことを自らの人生設計にいれながら生きることが求められている。

あわせて読みたい

  • 進行がん患者の約7割に痛み 適切な「緩和ケア」で生存期間が延長した報告も

    進行がん患者の約7割に痛み 適切な「緩和ケア」で生存期間が延長した報告も

    dot.

    11/28

    がんが再発・転移しても「がんとの共存」は可能 助けとなる「緩和ケア」とは?

    がんが再発・転移しても「がんとの共存」は可能 助けとなる「緩和ケア」とは?

    dot.

    3/23

  • 「緩和ケア=がん治療の終わり」ではないと現場医師たちが語る理由

    「緩和ケア=がん治療の終わり」ではないと現場医師たちが語る理由

    dot.

    3/23

    「ステージ4」抗がん剤治療をやめた患者に「ケアの空白」 終末期の手前を埋める必要性

    「ステージ4」抗がん剤治療をやめた患者に「ケアの空白」 終末期の手前を埋める必要性

    AERA

    11/6

  • 終末期では間に合わないことも 緩和ケアは「患者がどの段階から受けるか選べる」が大事

    終末期では間に合わないことも 緩和ケアは「患者がどの段階から受けるか選べる」が大事

    AERA

    11/7

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す