11月号
文芸評論家 野崎六助 Nozaki Rokusuke
-東西文明の衝突と明治冒険譚-

2013/11/07 17:38

 明治が遠くなるにつれ、時代小説の鉱脈としての価値も高まってくるようだ。本書の主人公たるイザベラ・バードと伊藤鶴吉の冒険コンビも、その有力な素材にちがいない。明治11年、イギリスの旅行家バードは47歳で日本の地に渡り、20歳の通訳伊藤を従えて、東北から北海道を縦断するハードな旅程を敢行した。その旅行記『日本奥地紀行』は、数種の翻訳によって、長く読み継がれている。

あわせて読みたい

  • 高野秀行が選ぶ旅と冒険本ベスト5

    高野秀行が選ぶ旅と冒険本ベスト5

    8/7

    江戸、明治、敗戦…外国人が日本に驚愕 政治学者・原武史が日記から説く

    江戸、明治、敗戦…外国人が日本に驚愕 政治学者・原武史が日記から説く

    週刊朝日

    5/15

  • 若者の旅行離れ ライバルは「インターンシップ」?

    若者の旅行離れ ライバルは「インターンシップ」?

    AERA

    8/25

    沢尻エリカはもはや旅人…旅行へのバイタリティーが凄すぎる

    沢尻エリカはもはや旅人…旅行へのバイタリティーが凄すぎる

    dot.

    7/8

  • 「小林修 写真展 司馬遼太郎の世界」11年ぶりの開催

    「小林修 写真展 司馬遼太郎の世界」11年ぶりの開催

    4/5

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す