11月号
書評家 土屋敦 Tsuchiya Atsushi
-小説だからこそ書けた「がん」という病-

2013/11/07 17:38

「残念ですが、もうこれ以上、治療の余地はありません」

あわせて読みたい

  • なぜ「がん難民」は生まれる? 医師が指摘する2つの理由

    なぜ「がん難民」は生まれる? 医師が指摘する2つの理由

    AERA

    9/13

    「なぜわからない!」「いつも高圧的」 医師と患者、ジレンマの原因は意外なところに

    「なぜわからない!」「いつも高圧的」 医師と患者、ジレンマの原因は意外なところに

    AERA

    9/19

  • 抗がん剤治療に職人的名医は不要?

    抗がん剤治療に職人的名医は不要?

    週刊朝日

    3/29

    診察を「録音」医師が戸惑う意外な理由 患者が伝えるべきセリフとは

    診察を「録音」医師が戸惑う意外な理由 患者が伝えるべきセリフとは

    AERA

    9/19

  • 「松竹梅方式」では患者は決められない! 決断をお任せにしない新しい治療選択の概念とは?
    筆者の顔写真

    大塚篤司

    「松竹梅方式」では患者は決められない! 決断をお任せにしない新しい治療選択の概念とは?

    dot.

    3/19

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す