注目ワード

地震   清原和博   舛添都知事   皇室   東京五輪

「自覚症状ないが、治療は必要?」糖尿病の基本を名医に聞いた!

このエントリーをはてなブックマークに追加
(更新 2016/3/ 1 07:00)

糖尿病の特徴と治療法は?(※イメージ)

糖尿病の特徴と治療法は?(※イメージ)

 糖尿病を患う人は少なくなく、予備群を含め、患者は2千万人以上と推定される。順天堂大学順天堂医院 糖尿病・内分泌内科科長の綿田裕孝医師と横浜市立大学病院内分泌・糖尿病内科部長の寺内康夫医師にこの病の特徴と治療法について聞いた。

*  *  *
Q:病院で糖尿病と言われました。何も自覚症状がないのに、治療が必要ですか?

A:「血糖値が非常に高い場合、口の渇きや多尿、全身倦怠などの自覚症状が表れます。一方、それほど高くない場合は、自覚症状はほとんどありません。しかし症状が出ない程度の高血糖でも、年月が経つと血管や神経がダメージを受けて、神経障害や網膜症、腎症などの重い病気を引き起こします。心筋梗塞や脳卒中も招いてしまいます。それらの合併症の症状が出ると、障害を元に戻すことは極めて難しいのです。

 したがって、自覚症状がない段階でも病院に通い、合併症予防のために血糖コントロールするほうが賢明です。医師から薬を処方された場合は、飲む回数やタイミングなどをきちんと守ってください」(綿田医師)

Q:糖尿病は完治しないといわれています。ずっと薬を飲み、注射も打たないといけませんか?


トップにもどる 週刊朝日記事一覧


【関連記事】

   病気 をもっと見る
このエントリーをはてなブックマークに追加

ライフ アクセスランキング

ソーシャルメディアでdot.をフォロー