注目ワード

地震   清原和博   舛添都知事   皇室   東京五輪

極度な見えっぱり 老人ホーム転落事件の容疑者を精神科医が分析

このエントリーをはてなブックマークに追加
(更新 2016/2/24 07:00)

投げ落とされた老人ホームの裏庭(空撮) (c)朝日新聞社

投げ落とされた老人ホームの裏庭(空撮) (c)朝日新聞社

 川崎市の老人ホームで3人の高齢者が相次ぎ転落死した事件で、ホーム職員だった男・今井隼人容疑者(23)が逮捕された。今井容疑者は被害者の丑沢(うしざわ)民雄さん(当時87)に対し、「以前から煩わしく思っていた」と供述している。ただ一方で、犯行後は自ら第一発見者となり、丑沢さんに心臓マッサージをしたと同僚らに話した。いわば“自作自演”。いったいどんな心境だったのか、謎は深まるばかりだ。

 今井容疑者のあまりに幼稚な動機と不可解な行動は、何を意味するのか。精神科医の町沢静夫氏はこう分析する。

「介護の仕事は入所者とのトラブルなど不条理な出来事に直面することも多い。本来は同僚と体験を話し合い、先輩に注意されるなどして徐々に慣れていくものですが、そうした機会がなかったのでは。ストレスの蓄積でもともと本人が持っていた反社会的な傾向が出てきてしまい、まじめな性格と激しい怒りを抱えた性格の二面性を持つようになった。深夜で、一人勤務する時間帯に、そうした怒りが爆発したのではないか」


トップにもどる 週刊朝日記事一覧


【関連記事】

このエントリーをはてなブックマークに追加

国内 アクセスランキング

ソーシャルメディアでdot.をフォロー