注目ワード

地震   清原   ベッキー   皇室   東京五輪

甘利前大臣 「バンダイ」御曹司に送った疑惑の文書

このエントリーをはてなブックマークに追加
(更新 2016/2/10 07:00)

疑惑はこれに尽きない(※イメージ)

疑惑はこれに尽きない(※イメージ)

 盟友の甘利明前経済再生担当相の閣僚辞任も、安倍首相はどこ吹く風だ。2月5日、野党が現職大臣に対する企業団体献金の禁止を求めてもこう言ってのけた。

「企業や団体が政党に献金を行うことじたいが不適切なものとは考えない」

 一方で、甘利氏の口利き疑惑は日を追うごとに色濃くなるばかりだ。すでに、金銭授受問題で東京地検特捜部が補償交渉を担当したUR(都市再生機構)職員に任意聴取を開始している。民主党の山井和則衆院議員が指摘する。

「甘利氏の秘書とURの職員が12回も面談するなかで、秘書は甘利氏に報告していることを告げている。また『少し色をつけて』などと補償金額の上積みを求めるような発言をしたことも明らかになりました」

 疑惑はこれに尽きない。

 本誌は、濡れ手で粟の“約1400万円の美術品転がし”疑惑を報じた。

 約10年前、甘利氏の資金管理団体「甘山会」の会長を務めていたのは、大手玩具メーカー「バンダイ」創業者の御曹司Y氏。甘利氏から美術品の買い取りを求められたY氏は、硯箱などの美術品を、言い値の1500万円で購入した。

 本誌はその領収証と売買契約書を入手した。領収証は「平成17年11月22日」付、宛名はY氏の個人会社で、発行者は「甘利明」とあり、捺印とともに4千円の収入印紙が貼り付けられている。代金は、当日のうちに一括現金払いされた。ところが、Y氏の指示で美術品の専門業者に鑑定に出したところ、評価額は100万円程度だったというのだ。悪徳ブローカーも真っ青なボッタクリぶりである。

 当時のY氏の部下が言う。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧


【関連記事】

このエントリーをはてなブックマークに追加

国内 アクセスランキング

ソーシャルメディアでdot.をフォロー