注目ワード

地震   清原   ベッキー   皇室   東京五輪

ついに“富士山”の大噴火? 日本列島を襲う火山の恐怖

このエントリーをはてなブックマークに追加
(更新 2016/1/ 8 07:00)

“日本一の山”に異変?(※イメージ)

“日本一の山”に異変?(※イメージ)

“日本一の山”に異変?

 国内外から多くの登山客が訪れる世界遺産・富士山。だが、美しい姿に見とれてばかりはいられない。実は、もしかすると16年は、日本全体をパニックに陥れる「大噴火」の可能性があるというのだ。

 火山学者の京都大学大学院・鎌田浩毅教授は話す。

「富士山は若い活火山で、人間で言えば10歳程度の暴れたい盛り。今後100%の確率で噴火します。それが今年なのか、しばらく先なのかは予測できませんが、噴火へのカウントダウンはもう始まっているのです」

【富士山噴火に関するその他にニュースはこちら】

 噴火を引き起こす要因となったのは、2011年3月11日に起きたマグニチュード(M)9.0の東日本大震災。マグマが動き、活火山が活発化した。

「平安以来の大地動乱の時代が始まりました。富士山を含む20の火山が動きだしたのです」(鎌田教授)

 さらに恐ろしいことに、富士山は、今までに例がないほどのマグマとエネルギーを蓄えているのだ。火山噴火予知連絡会の藤井敏嗣会長は説明する。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧


【関連記事】

   富士山噴火 , 火山 をもっと見る
このエントリーをはてなブックマークに追加

国内 アクセスランキング

ソーシャルメディアでdot.をフォロー