注目ワード

リオ五輪   皇室   熱中症   高校野球   夏休み   SMAP

ホリエモン「相続税は100%にして有意義な人生を!」

このエントリーをはてなブックマークに追加
(更新 2015/1/22 07:00)

 ホリエモンこと堀江貴文氏は、相続税を100%にして財産は自分で使い切ればいいと持論を明らかにした。

*  *  *
 2015年1月1日から相続税制が改正された。基礎控除は4割カットで課税対象者も増えるという。そんなこんなで、最近、ウェブ上でも相続税を扱ったニュースをよく見かけるようになった。

 実は私は相続税100%論者である。家族であるからという理由で、ある程度の財産が空から降ってくるというのは、私にはどうにも理解できない。

 正直、宝くじのようなものだろう。もちろん歴史的にはそうやって莫大な財産を相続した2代目、3代目が、ある意味パトロンとなって芸術や文化を花開かせてきた歴史があるのも理解している。しかし、今やそういう時代ではない。NPOや財団などへの寄付、クラウドファンディングなど政府が支援しなくても大丈夫な仕組みが世界的にできつつある。

 そんな中、生前贈与までして何で多くの人たちは財産を家族に相続させたいと願うのだろうか。おそらくそういう同調圧力が社会にあることも一つの原因であることは間違いない。

 自分で形成した財産ならば自分で使いきればいい。もちろん死んでしまう時期はわからないのだから、きっかり0円にすることは不可能だろう。

 私の持論を言えば、子どもたちへの相続などは彼らが興味を持つことがあったら全力でその機会を与えてあげることくらいだ。親とは違う子どもたちの人生を私物化してはいけないと思う。奴隷じゃないんだから。もし配偶者がいたとして自分の死後も生きているならば、それは離婚した時と同様の財産分与を行えばいいだけの話。それで問題ないだろう。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧


【関連記事】

   堀江貴文 , 遺産相続 をもっと見る
このエントリーをはてなブックマークに追加

ソーシャルメディアでdot.をフォロー