STAP劇場いよいよ終幕 小保方さん「謎と共に去りぬ」

このエントリーをはてなブックマークに追加
(更新 2014/12/24 11:30)

小保方さんは退職後、どこに…… (c)朝日新聞社 

小保方さんは退職後、どこに…… (c)朝日新聞社 

 やはり、STAP細胞はなかった──。

 理化学研究所が検証結果を発表した2014年12月19日、説明会に小保方晴子さん(31)の姿はなかった。

 12月21日付で理研を退職する小保方さんが発表したコメントからは“恨み節”も読み取れる。<予想をはるかに超えた制約の中での作業となり、細かな条件を検討できなかった事などが悔やまれますが、与えられた環境の中では魂の限界まで取り組み、今はただ疲れ切り、大変困惑しております>(抜粋)

 検証実験は、監視カメラと立会人の見張りの下で行われたが、小保方さんはかなり焦っていたようだ。

「11月になってもSTAP細胞ができず、イライラしていた。『前はできたのに』とか、『どうして、どこかおかしいところがあるのか』とか漏らすこともあったそうです」(理研関係者)

「まだいるの?」とすれ違いざまに皮肉を言う同僚もいたという。

 小保方さんは実験後、粛々とデータ整理をしていたが、親しい同僚に「もっと研究を続けたい」とグチっていたとか。今後は?

 東大医科学研究所の上(かみ)昌広特任教授(医療ガバナンス論)はこう話す。

「研究者としては厳しいかもしれない。でも今までの経緯を本人がきちんと公の場で話すことで、世間の受け止め方も変わる。第2のスタートはそこから」

(本誌取材班)

週刊朝日 2015年1月2‐9日号

トップにもどる 週刊朝日記事一覧


【関連記事】

   STAP細胞 をもっと見る
このエントリーをはてなブックマークに追加

サイエンス アクセスランキング

ソーシャルメディアでdot.をフォロー