睡眠をかえると、抜け毛が変わる! 毛髪の健康を維持するために、日々心がけたい「3つ」のポイント

このエントリーをはてなブックマークに追加
(更新 2016/1/15 16:30)

加齢とともに減る髪を生み出す成長ホルモン。成長ホルモンを増やすカギは睡眠だった

加齢とともに減る髪を生み出す成長ホルモン。成長ホルモンを増やすカギは睡眠だった

睡眠1時間前には、強い光は避けるようにしましょう

睡眠1時間前には、強い光は避けるようにしましょう

毛髪のために、安眠生活を心がけよう!

毛髪のために、安眠生活を心がけよう!

シャンプーするたび、何本もの髪の毛が手についてくる。気がつけば、床に落ちる抜け毛の量が増えている……。そんなことを感じたことはありませんか?
いまや男性のみならず、女性にも増えている「抜け毛」問題。
日本全国、抜け毛に悩む人は、男性だけでも1000万人以上ともいわれています。
とくに、秋の季節の変わり目から寒い冬にかけては、抜け毛が増える時季です。
頭皮も頭髪も体の一部。風邪や肌対策と同じように、日々の生活習慣とメンテナンスを大切にしていきたいですね。

抜け毛の原因とは? 髪が生まれる時間帯は?

抜け毛が増える原因は、食事の偏り、運動不足、生活習慣、シャンプーの仕方など様々あります。そのなかでも、侮ってはいけないのが「睡眠」です。
睡眠の重要性は様々なところでいわれていますが、髪も同じ。なぜなら、寝ている間に髪は育つからです。
昼間のダメージを修復し、髪を生み出す毛母細胞の分裂が盛んになるのが、夜10時〜深夜2時。この時間帯は、成長ホルモンが最も分泌される時間で、お肌のゴールデンタイムともいわれていますが、同時に髪が成長する時間でもあったのですね。
また、夜10時〜深夜2時は脳のゴールデンタイムでもあり、記憶が整理され定着させる最もよい時間でもあるのです。
つまり、このゴールデンタイムに安眠することで、新陳代謝が活発になり、細胞が生き生きと蘇っていくわけ。
ゴールデンタイムにぐっすり眠ることは人間の体にとって、いいことずくめ。
健康や美容に敏感な人であれば、ぜひこの時間帯に快眠を取りたいものですが、10時前に布団に入るのは、なかなか難しいのが現実です。

大切なのは睡眠の質。入眠から3時間がカギ

人の睡眠は、90分サイクルでレム睡眠(浅い眠り)とノンレム睡眠(深い眠り)を繰り返しています。
眠ってから最初のノンレム睡眠のときに、最も成長ホルモンが分泌されます。このときに質のよい睡眠であればあるほど、大量に分泌されます。
つまり眠りに入ってからの3時間で、いかに深い眠りに到達できるかどうかで、成長ホルモンの分泌量が変わってくるというわけです。
質のよい睡眠に大切なのは、室内の光を極力ゼロにすること。脳は強い光を察知すると、睡眠を促すホルモン「メラトニン」の分泌を妨げてしまいます。メラトニンの分泌は、光によって調節されているからです。
また、メラトニンの分泌は体内時計がコントロールしています。目覚めて光を浴びると脳に指令が送られ、メラトニンの分泌がストップします。それから14時間〜16時間経つと、体内時計に導かれメラトニンの分泌が再び始まります。このリズムを利用して朝一定の時間に起きることで、夜は自然と眠くなるサイクルを作ることができれば、しめたもの。

最初の3時間をぐっすり眠るコツ

たとえ夜10時に布団に入れなくても、最初の3時間でぐっすり深い睡眠ができるように生活習慣や環境を整えることが、抜け毛対策に有効になります。
こうした点を踏まえ、以下の3つを習慣にできるといいですね。
●できるだけ0時までに布団に入る。
●日々の睡眠リズムを一定に保つ。
●部屋は真っ暗にする。スマホの点滅する光は特に注意。
●できれば睡眠1時間前には、強い光は避けるようにする。
また、冬に抜け毛が増えるのは、血行不良が原因であることが多いので、ゆっくりお風呂につかって、顔が汗ばむ程度に十分に温まってくださいね。
──現代の生活のなかで、良質な睡眠をとるのはとても難しいことですが、
ぜひ毛髪のために、安眠生活を心がけてみてはいかがでしょう。

トップにもどる tenki.jpサプリ記事一覧



【関連記事】

このエントリーをはてなブックマークに追加

アクセスランキング

ソーシャルメディアでdot.をフォロー