注目ワード

リオ五輪   皇室   熱中症   高校野球   夏休み

元自衛隊メンタル教官が教える 感情コントロールに有効な「◯◯人」視点

このエントリーをはてなブックマークに追加
(更新 2016/2/11 07:00)

うつ状態に陥るまで疲れきらないように「疲労のコントロール」をすることが大事なのだが……(写真はイメージ)

うつ状態に陥るまで疲れきらないように「疲労のコントロール」をすることが大事なのだが……(写真はイメージ)

スーツを着た原始人の特徴(『自衛隊メンタル教官が教えてきた 自信がある人に変わるたった1つの方法』より)

スーツを着た原始人の特徴(『自衛隊メンタル教官が教えてきた 自信がある人に変わるたった1つの方法』より)

 最近、なんだかいつもイライラしている。些細なことで怒りが抑えられないし、いつもなら聞き流せることが、いつまでもしつこい怒りとして残る。

 現代人はスーツを着た原始人。その認識に立つと、感情の整理がつきやすくなると指摘するのは、元自衛隊メンタル教官で、『自衛隊メンタル教官が教えてきた 自信がある人に変わるたった1つの方法』(朝日新聞出版)の著者である下園壮太さんだ。

 感情、特に怒りをコントロールするための方法を、下園さんに伺った。

*  *  *
■「原始人」視点で、人間理解が深まる

 私は現代人を「スーツを着た原始人」であると表現している。原始人の一番の特徴は「エネルギーを大切にすること」だ。なぜなら、原始時代では、エネルギーを使い果たして動けなくなれば、即、死に直結するからだ。

 だから、うつ状態になることも、行動を抑制してエネルギーを回復させよという無意識からの指令だといえる。

 だからこそ、うつ状態に陥るまで疲れきらないように「疲労のコントロール」をすることが大事なのだが、現代人は24時間ネットを通して仕事や人、情報とつながることによって、ほんの20年前の人と比べても、多大なエネルギー消費を強いられていると自覚しないといけない。

 400万年の人類の歴史の中で、人間がスーツを着たのはごくごく、最近にすぎない。400万年のあいだ培われてきた原始人としての行動、思考パターンから人間を考えてみると、人間理解が深まる。

■「感情」は増幅される仕組みがある

「感情」は、原始時代に我々ヒトが身に着けた、命がけのプログラムだ。例えば怒りは、原始人が、自分がせっかくとった獲物を横取りされようとしたときなどに、すぐに100%の力を発揮し、相手をねじ伏せるためのプログラムだ。

「怒り」にしろ「嫌い」にしろ、感情は増幅されるという特徴がある。嫌いと思った人がいたら、その感情のボリュームを上げることで、確実にその人を避け、身の危険から遠ざかろうとするプログラムがあるのだ。


トップにもどる dot.記事一覧


【関連記事】

   仕事 , 朝日新聞出版の本 , 読書 をもっと見る
このエントリーをはてなブックマークに追加

ソーシャルメディアでdot.をフォロー